作り置きのある生活をもっと楽しむための講座

「作り置き」初めてのチャレンジする方から
既にやっているよ!のベテランの方!
そして「作り置きサービス」を始めて利用する方に読んでほしい

作り置きのプロたちが教えます

1

テレビ、雑誌、料理本など様々なメディアで取り上げられて大人気の作り置きレシピ。 週末に作り置きを作ると平日楽になるのでチャレンジしている方も多いのでは。 実際にお客様の自宅に出張し、作り置きを調理する料理代行を仕事とする作り置きのプロたちが、 作り置きのある生活を楽しむための「作り置きの魅力」をを余すことなく伝えます。

このページの目次

見栄え重視?機能重視?容器選びはここを見て
〜琺瑯(ホウロウ) vs ガラス容器

作り置きの食材費はどのくらい?
買い物上手になるためのシンプルな4つのルール

作り置きをプロにオーダー!
作り置きサービスを利用する際に知っておきたい、上手なリクエストの伝え方

3時間で15品の作り置き!調理工程テクニック

作り置きOKレシピとNGレシピの比較まとめ

見栄え重視?機能重視?容器選びはここを見て
〜琺瑯(ホウロウ) vs ガラス容器

2

これから作り置き生活を始めよう!と思ったとき、 まずは保存容器の購入から始める方は多いのではないでしょうか。 しかし、ガラス製や琺瑯などたくさんの種類があるため、 どれを選んだらよいのか悩んでしまいますよね。 普段からお仕事やプライベートで作り置きを実践している筆者は、 保存容器の種類がいかに重要かを日々実感しています。 そこで、作り置き初心者の方がこれだけは抑えておきたい 『保存容器の選び方のポイント』をお伝えしたいと思います。

今では日々料理の作り置きを行っている筆者ですが、 始めて間もないころは見た目重視で保存容器を選んでいました。 しかし色々試すうちに保存容器は『機能性』で選ぶ必要があることが分かり始めました。

作り置きの保存容器を選ぶ際に重視すべき4つのポイント

保存容器を選ぶ際には、以下の4つのポイント(機能性)に着目してみましょう。

① 密閉性

密閉性は、美味しさや鮮度を保つために重要です。つまりは空気が入り込まない、 液漏れしない作りかどうかなど。パッキンの状態や、容器の説明書きを注意深く見ると密閉性を判断することができます。

② 耐熱性

皿に移し替えず、保存容器をそのまま温めて食卓に出せたらとても楽ですよね。それには容器の耐熱温度や、電子レンジ使用できるかといったことが関わってきます。

③ 衛生面

汚れが落ちにくかったりすると、菌が繁殖しやすく衛生上好ましくありません。汚れやにおいが落ちやすい素材か、洗いやすい形状かということに注意しながら選びましょう。

④ 手入れのしやすさ

普段食洗機を使っている方は、食洗機で洗えるかも重要なポイントです。また、熱湯消毒できるか、軽くて運びやすいかどうかということも大切ですね。

初心者さん向き!万能で台所に彩りを添えるガラス製容器

3

4つのポイントを抑えながら、見た目も良く、初心者の方に特におすすめしたいのがガラス製の保存容器です。 密閉度は物によって異なりますが、しっかり密閉できるタイプも多く存在します。 また、耐熱性があり、電子レンジも使用可能というのが大きなメリット。 容器のまま温めて食卓に出せば、透明なガラスを通してお料理の彩りが食卓に添えられます。

清潔感は見た目だけじゃない!衛生面に秀でた琺瑯製容器

4

琺瑯製も4つのポイントが上手く押さえられた保存容器です。 レンジ加熱はできませんが、ガス火を直接当てて温めることができ、 コンロに乗せて温めなおしたり、グリルで焼き上げることが可能です。 真っ白な見た目からは清潔感が漂い、冷蔵庫に入れるとすっきりとした印象に。 また、清潔感は見た目だけではありません。油汚れがするりと落ち、 においも付きにくい素材のため、実際の衛生面でも優秀です。

それぞれの特徴を押さえて自分に合った容器選びを

5

保存容器を選ぶ際の4つのポイントを紹介しましたが、その中でも重視するポイントは人それぞれ。 自分に合った容器を選ぶことで、楽しく快適な作り置き生活をすることができます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ライター紹介 廣野沙織(管理栄養士)

お茶の水女子大学大学院にて食品科学を専攻し、調理を科学的に扱い美味しさを追求する研究を行った。 研究の傍ら、レシピ開発や執筆活動に従事し、在学中にフリーランス管理栄養士として開業。 出張・作り置きサービス「シェアダイン」の料理家として、主に子育て世帯の食事に向き合い、 献立の提案・調理・レシピ提供等を行っている。

作り置きの食材費はどのくらい?
買い物上手になるためのシンプルな4つのルール

6

「食材費が高くついてしまい、コスパがイマイチ…」

「同じような食材ばかり買ってしまう…」

筆者が作り置きのお仕事で訪問したご家庭で、こんなご相談を受けることがあります。 毎日の食事、できれば食費を抑えながらおいしく栄養のあるものを摂りたいですよね。 ここでは上手に食材を選びながら、食費を抑えるポイントをご紹介します。

食材費は3,500円が目安!上手に買い物しよう

7

家族4人のご家庭で、約3~4日分の作り置きに、食材費が5,000~7,000円程かかってしまうこともあるそうです。 単純に計算すると1ヶ月分50,000円以上の食材費。実際にはここで購入している食材の他にも調味料や米、 お子様のおやつ、飲み物など実際に1ヶ月にかかる食材費を考えてももう少し抑えたいものです。 食材にこだわると余計にかかることもありますが、3,500円を目安として買い物をするといいでしょう。

作り置きのプロが教える、食材費を抑えるシンプルな4つのルール

8

食材を買い物する際に取り入れたい4つのシンプルなルール。

ルール1:旬の野菜を取り入れる

旬の野菜は比較的価格が安い上に栄養価が高く、沢山取り入れたい食材です。

ルール2:メニューを前もって決めすぎない

作り置きに限らず料理初心者の方によくありがちですが、前もってレシピを調べて食材を買いに行くとなると、 必ずその食材を購入することになります。旬の野菜であってもちょっとした気候の変化で値段が変動します。 肉や魚もその日の売り出しを購入すればだいぶ食材費に差が出ます。メニューは大まかに決めて、 買う予定にしていた食材が高い時は、同じ味付けでも別の食材に切り替える、といった余裕を持ちましょう。

ルール3:1年を通して低価格で安定している食材を上手に活用する

もやしや豆苗、きのこ類などのレパートリーを増やしておくといいでしょう。

ルール4:缶詰や乾物など、常備できる食材はこまめにチェック、安い時にまとめて購入する

食材費が抑えられるだけでなく、食材が家にあまりない!なんて困った時にも活躍してくれます。

次はいよいよ実践編です。

先ずはお肉・お魚を使った主菜おかずメニューを「ざっくり」決める

9

まずはざっくりとした主菜のメニューを決めます。お肉は年間を通して価格の変動はないので、 前もって売り出しの商品がわかって入れば取り入れます。また、定番の料理にはこの部位と決め込まず、 その日安くなっていたお肉で十分おいしくいただけます。 例えば豚の生姜焼き。通常は豚ロース生姜焼き用と記載されているものを使うのが一般的。 しかし必ず豚ロース肉を使わなくても、価格の安い豚こま切れ肉にしたり、場合によっては鶏肉にしてもいいのです。 豚肉や牛肉であれば細切れ肉、切り落とし肉、鶏肉であればむね肉が比較的低価格で購入できます。上手に取り入れるといいでしょう。 お魚は気候で価格に変動がある為、青魚であれば〇〇、切り身であれば〇〇といったように大まかに決め、買い物先で価格を見ながら購入します。 例えば鰤の幽庵焼き。鰤が高ければ、さわらや鮭などでも幽庵焼きは作れます。他の魚の価格も比較しましょう。

次に主菜との組み合わせを考慮しつつ、野菜メニューを「ざっくり」考える

10

先に決めている主菜との組み合わせも考えつつ、煮物・マリネ・煮浸し・炒め物といった様にざっくりと決めます。 主菜と同じくきっちり決めすぎると、買い物先で思っていた野菜が高かった時に迷ってしまうので、味付けはどんなテイストにするのか、調理法はどうするのかといった程度でもいいです。

買い物先では比較的価格の安い食材から決めたメニューのどれに当てはめるか組み合わせを考えながら決めます。 野菜を購入するときのポイントとしては、旬の価格が安いものを選ぶのはもちろんですが、色々な色味を揃えること。 夏であればトマトやナス、ピーマン、オクラ、かぼちゃ。冬であればほうれん草や小松菜、ブロッコリー。通年価格が安定しているにんじん。 これらを彩りよく揃えると栄養のバランスもよくなり、実際に食卓に上がった時に見栄えがして美味しそうにも見え食欲がます。

またもやしや豆苗などは一年を通して比較的安価で購入できます。上手に活用しましょう。

長期保存できる缶詰や乾物は安い時に賢くまとめ買い

11

長期保存できるので、安い時にまとめ買いしておきます。常備しておくと、 食材のストックが余りない時にも活躍してくれますよ。またいざという時にも災害食として活躍するので、筆者は気持ち多めに購入しています。

作り置きのための上手な買い物のポイントはいかがでしたか。せっかく作り置きをするのであれば、コスパはしっかり意識したいですね。どれもシンプルなルールですので、ぜひ参考にしてください。

ライター紹介 岡田みなみ(管理栄養士)

ガス会社にて料理教室企画・運営・アシスタント、料理イベントに携わった後、保育園の栄養士として3年勤務、管理栄養士を取得。 現在はフリーランスの管理栄養士として料理動画のレシピ開発や撮影を中心に活動中。シェアダインでは料理家みなみさんとして活動。 一児の母。毎週末に、平日の夕飯を作り置きしている。

作り置きをプロにオーダー!
作り置きサービスを利用する際に知っておきたい、上手なリクエストの伝え方

今話題の、料理代行・作り置き代行サービス。利用しようか迷っている方も多いのではないのでしょうか。 まだサービスを経験したことがない方は、自分の希望が上手く伝わらなかったら?と不安な点があるかもしれません。 また作り置きのプロ料理家として活動している筆者も、お客様から過去に利用した時の残念な体験談をお聞きすることがあります。 「こんなはずじゃなかった・・・」とならないように、料理家さんに上手に要望を伝えることが大切です。料理リクエストのコツをお伝えします。

12

作り置きサービスの利用!あれ…「なんだかイマイチ」を避けるには

13

これまで作り置きサービスを利用したことがある方の中には、 「数は多いけど普段自分でよく作る時短メニューばかりだった」「味付けが薄かった」「メインおかずが少なくて物足りなかった」などの相談をしてくださる方も。 こういったことを避けるためには、ポイントを抑えて、料理家と明確にコミュニケーションをとることが重要です。

後悔しないために!4つのポイントを押さえて、リクエストを伝えよう

14

料理家にリクエストを伝えるときには、次の4つのポイントを押さえましょう。

① 台所のMyルールを伝える

② NG/OK食材を伝える

③ NG/OK味付けを伝える

④ 品数の希望や主菜/副菜のバランスを伝える

これらのポイントについて、ひとつひとつ解説します。

①意外と見落としがち!台所のMyルールを伝えよう

15

水道水の使用、まな板の使い分けや、ゴミ処理のルールなど、ご自宅の台所ルールは事前に伝えましょう。 これが上手く伝えられないと、例えば、料理家さんがゴミの分別方法を誤り、あとから自分で分別しなおす・・・という事態にも。

②NG/OK食材を伝えよう

16

ご家族のアレルギー食材や、生もののように妊婦さんが注意した方が良い食材、 小さなお子様が食べたことのない食材など、NG食材は事前に必ず伝えましょう。 また、食材の好き嫌いや、使ってほしくない食材、反対に優先して使ってほしい食材なども伝えられると良いです。 これが伝えられないと、例えば「旦那さんがマヨネーズ嫌いなのに、 複数料理にマヨネーズが使われている」あるいは「おつまみに楽しもうと思っていた高級生ハムが、炒め物に使われてしまった」ということが起こってしまいます。

③NG/OK味付けを伝えよう

17

苦手な味付け、好きな味付けも伝えてみましょう。コショウなどのスパイスは後でふれますので、 お子様のいらっしゃるご家庭では避けるようにお願いしてもいいですね。一方で限定しすぎてしまうと味の幅が狭まってしまうので適度に伝えるのがコツです。 以前お子様がいらっしゃるご家庭で、大人用に1~2品、普段なかなか家庭では作らないピリ辛の味付けを入れたら喜ばれたこともありました。

④品数の希望や主菜/副菜のバランスを伝えよう

18

シンプルメニューでも品数重視なのか、あるいは普段作らないような凝った料理を入れてほしいのか。 また、主菜のおかずを多めにするのか、副菜を多めにしたいかなどリクエストしましょう。 ご家族が少食だったり、外食が突発的に入る可能性がある場合には、冷凍できるおかずを増やしてもらうのもおすすめです。

作り置きサービスで「こんなはずじゃ・・・」という事態を避けるためには、上手なリクエスト方法がカギ。4つのポイントを押さえて、明確なコミュニケーションを心掛けてみてください。

ライター紹介 廣野沙織(管理栄養士)

お茶の水女子大学大学院にて食品科学を専攻し、調理を科学的に扱い美味しさを追求する研究を行った。 研究の傍ら、レシピ開発や執筆活動に従事し、在学中にフリーランス管理栄養士として開業。出張・作り置きサービス「シェアダイン」の料理家として、 主に子育て世帯の食事に向き合い、献立の提案・調理・レシピ提供等を行っている。

3時間で15品の作り置き!調理工程テクニック

19

作り置きに関して、よくお客様からご相談いただくのが、「沢山の品数を一度に作るだけで半日がかりになってしまい疲れてしまう」、 「味のパターン、メニューが似通ってしまい飽きてしまう」、「食中毒など衛生面が心配」などのお悩み。

そこで、今回は作り置きについて、どうやったら効率的・衛生的にたくさんの品数が調理できるかを、「段取り」・「準備・調理」・「後片付け」の3段階に分けてテクニックをお伝えします。

作り置き準備・段取り編

20

作り置きは段取りがとても大切です。段取りが命!あらかじめしっかり段取りを決めておきましょう。

メニューの組み立て

先ずは冷蔵庫に入っている食材を把握してメニューを組み立てていくのがおすすめです。 肉魚は温度管理に気を付けたほうが良いですが、使う食材はすべて出してしまいましょう。 冷蔵庫の開け閉めをする無駄も省けますし、何を使いたいか整理できるので効率アップです。 作りたいメニューが大体決まったら必要な調味料だけ先に混ぜ合わせてしまうと失敗も少なく、レシピを見る手間も減らせます。

調理順の組み立て

調理中に気を付けることとしては、デザートやサラダは最初に調理してしまうのが良いですね。 衛生面で肉魚との接触をさけて、食中毒も予防します。生食のものが終わったら、湯でものは加熱時間が長いものから調理をしていきましょう。 野菜は料理ごとに大きさをそろえるだけで火の通りが均一になり、食感もよくなります。浅漬けや漬け込み料理は最初に混ぜ合わせた調味料に漬け込んでおけば調理が終わるころには食べごろです。

作り置き調理編

21

ここからは、いよいよ調理編に移ります。衛生管理をしっかりしながら、作業効率を格段に上げるためのテクニックをお伝えします。

作業効率を上げるための調理の事前準備

調理をいきなり始めるのではなく、シンクや洗いかごに入っている洗い物はきれいに片づけましょう。 そうすることでスペースが確保されて作業効率が格段にアップします。シンクも立派な調理台です。 熱湯を沸かしてシンク全体にかけることで消毒にもなります。市販の調理用アルコールスプレーもおすすめです。 アルコールで調理台をサッと拭きます。料理を入れる容器もアルコールをかけておくことで衛生的に保存できます。

調理家電フル活用

うちにはコンロが2口しかなくて…なんてお宅もたくさんあるかと思います。 キッチンには加熱調理できる家電がたくさんあります。電子レンジや炊飯器、 グリル、トースター。それぞれの家電を上手に活用することでたくさんの料理を一度に作ることができます。

調理器具の使い方

・炊飯器
ローストビーフ、角煮、スペアリブ、シチュー、カレーなど、じっくり煮込みたい、ゆっくり火を通したい料理との相性が抜群。スイッチを押せば、あとは他の料理をしながら待つだけなので簡単・時短におすすめの家電です。

・魚焼きグリル
焼き魚はもちろん、野菜、ピザ、魚介の酒蒸しなど様々な食材に使えます。グリルは電子レンジとは違い、うまみを内側から引き出したいときにおすすめです。特に野菜は、グリルで焼くことで甘みがでて、マリネなどに合わせるととてもおいしいです。

・トースター
グラタン、ホイル焼き、春巻きなど、サクッとさせたいときに活用できます。オーブンより手軽に使えて時間もかからないので忙しいときのお助け家電です。

・オーブン
トースターより予熱などで時間はかかりますが、食材全体を熱で包み込むのでハンバーグやローストチキンなどをジューシーに仕上げられます。コロッケやライスボールなど揚げ物も手軽にできますよ。

調味料の組み合わせ

同じ食材でも調味料を変えるだけでガラリと印象は変わります。 「冷蔵庫に豚肉とキャベツしかない」なんて時も、醤油・みりん・砂糖で煮物、ニンニク・オリーブオイル・塩・こしょうでイタリアン、 甜麵醬・豆板醤・オイスターソース・鶏ガラスープで中華風と、調味料を上手に組み合わせるだけで様々なバリエーションの味が楽しめます。

筆者のオススメの調味料はオイスターソース。意外とご家庭に常備されていないことが多いのですが、 「なんだか味が決まらない」、「いつも味がマンネリ化してしまっていて」なんてお困りの方は、 オイスターソースを冷蔵庫に一本常備しておくと便利です。例えば、オイスターソースと醤油でチンジャオロースができますし、 マヨネーズとゴマで炒めるとお肉はふんわり香ばしく炒めることができ、子供のお弁当のおかずにも最適です。 味が決まらないカレーや煮込み料理にも少し入れるだけで味に深みがでますよ。

作り置きの片付け編

途中の洗い物は衛生に気をつけながらも効率的にしたいもの。また最後の片付けも含めてお料理です。ここでは片付けについてのテクニックをお伝えします。

洗うタイミング

油を使わなかったボウルやまな板などは水だけで汚れが落ちるので、さっとゆすいで使いまわします。 シンクも調理場として活用できるので洗い物は出たときに洗っていくようにするだけで快適に料理ができますよ。

22

ゆで汁活用法

野菜をゆでるときはアクの少ないものからゆでていくと一つのお鍋で一度にたくさんの野菜をゆでることができます。お肉を湯がいたお湯はそのままスープとして活用できます。

コツさえ掴めば簡単!まずは2.3品から挑戦してみて

作り置きは慣れてしまえば日々の食卓を豊かに、健康にできるおすすめの方法です。 いきなり何品も作ろうと頑張りすぎず、まずはできる範囲で2、3品作ることから始めてはいかがでしょうか。 レパートリーをひとつずつ増やしていくことで、作り置きが簡単になっていきます。気軽に考えながらチャレンジしてくださいね。

ライター紹介 清野小百合(出張料理家・ヘルスフードカウンセラー)

大学卒業後、大手料理教室にて料理講師として5年間勤務。料理・パン・ケーキの授業を受け持ち、 店長も経験。幼児から大人まで幅広い世代の生徒を毎月500人程度担当。出張・作り置きサービス「シェアダイン」の料理家sayuriとして、 主に子育て世帯の食事に向き合い、献立の提案・調理・レシピ提供等を行っている。

作り置きOKレシピとNGレシピの比較まとめ

23

作り置き料理は、比較的日持ちするものもあれば、早めに食べた方が良いものも。 何となくの経験から日持ちの程度を判断している方が多いのでは。正しく判断するには、 日持ちしない食材や調理法、その理由を知っておくことが近道です。そして調理や味付けのちょっとした工夫によって、 翌日以降も美味しい料理を作りましょう。ここでは、日持ちOK・NGのレシピを理由と合わせて紹介します。

料理を長持ちさせるには、砂糖・塩・酢が大切

24

料理を長持ちさせるには、微生物が生育しにくい状態にしなければなりません。 具体的には、砂糖や塩を加えると、それらは食品中の水と結合し、微生物が生きるのに利用しにくい「結合水」になります。 塩漬けや漬物のように、塩分の濃度がとても高い食品が数カ月日持ちするのも、このお陰です。

25

また、酢などを用いて「酸性」にすることで、微生物の繁殖を防ぐことができます。 酸性にすることができる調味料類は、酢やビネガー類以外にも、ワインや料理酒、ヨーグルト、マヨネーズ、リンゴジュース、レモン果汁などがあります。

長持ちに不向きな食品は使わないで!作り置きNGレシピ

食品の腐敗という観点以外にも、美味しさには「味」「香り」「食感」「見た目」などが大事ですね。 作り置きを作るときには、次のような食品はあまり向いていません。当日食べるメニューに回すなどして工夫をすると良いです。

ジャガイモのソテー(NG食材:ジャガイモ)

じゃがいもはPOFと呼ばれる独特な香りが翌日以降出てくるので、それが気になってしまう方も多いです。ジャガイモは茹でたて、作り立てが一番美味しく食べられます。

アボカドサラダ(NG食材:アボカド)

アボカドは空気に触れるとどんどん色が変わってしまいます。お酢を使って変色を防ぐことも可能ですが、数日間の作り置きでは、見た目の美味しさをキープすることが難しいです。

キャベツとモヤシの中華炒め(NG食材:キャベツ、モヤシ)

26

もともと水分が多いキャベツやモヤシなどの野菜は、調味料の影響で時間が経つと水分が出てきます。逆にニンジン、ゴボウなどの根菜類は比較的水分が少なく、その影響は小さいです。

魚のフライ(NG食材:パン粉)

揚げものやフライのようにサクサクした食感は、時間が経つことでどうしてもしっとりとしてしまいます。ジューシー感、しっとり感を楽しむような料理の方が、長持ちメニューとしてはふさわしいことが多いです。

2日以降も美味しさ継続!作り置きOKレシピ

27

料理が傷むのを防ぐためには、砂糖や塩を含む調味料でしっかり味をつけることと、酢を適宜活用することが大切です。 また、長持ちメニューに不向きな食材は、なるべく早めに食べる料理に回してあげましょう。2日目以降も美味しく食べられる料理としては、次のようなものがおすすめです。

魚の南蛮漬け(OK食材:お酢)

「作り立てより、翌日の方が美味しい」料理の定番です。お酢をしっかり効かせることができ、 醤油や砂糖でしっかりめに味を付けるので冷蔵庫保存でも非常に長持ちする料理。酸っぱいものが苦手なお子様がいらっしゃる場合には、砂糖の量を増やしてあげると酸味が抑えられますよ。

煮込みハンバーグ(OK食材:トマト缶、デミグラスソース)

表面にソースがかかったハンバーグよりも、煮込みにするとパサパサせず、ジューシー感も長持ち。 トマト缶やデミグラスソースをベースに、コンソメやお好みのハーブ類で風味付けをしましょう。 野菜を細かく切って水分を飛ばすように炒めてからハンバーグに混ぜ込むと、水っぽくならず、 なおかつ野菜がたっぷり摂れる、成長期のお子様にもぴったりなメニューになります。

タンドリーチキン(OK食材:ヨーグルト)

ヨーグルトのおかげでpHが下がると、微生物が繁殖しにくくなるだけでなく、もう一つ嬉しいことがあります。 それは、お肉のジューシー感が増すこと。お肉に含まれるタンパク質の保水性が上がり、しっとりやわらかな食感が長く続きます。 カレー風味で、時間が経ってもお肉のにおいが気にならないのも美味しさのポイント。

エビマヨ(OK食材:エビ、マヨネーズ)

プリプリのエビは時間が経ってもあまり食感が変わりません。片栗粉をまぶして揚げ焼きにし、マヨネーズベースのソースで和えてみましょう。 ネギやニンニクのように香味野菜を足して、風味高く仕上げるとなお良いです。マヨネーズもヨーグルトと同様に酸性の調味料なので、お料理が傷みにくくなりますよ。

[リアルレポ]実際に作り置き10品を作る場合のレシピ公開!

では、出張料理で作り置きをする際には、料理を長持ちさせるためにどのような工夫をしているのでしょうか。 「平日に家族が夜ご飯として食べるための作り置き」ということで実際に調理したメニューを紹介します。

28

においが気になる、水分が出てくるといったNG食材はなるべく使わず、マヨネーズやお酢などのOK食材を使っているのがポイントです。 さらに、ジューシー感を活かした料理や、食材から水が出ても気にならない煮込み料理を取り入れ、時間が経っても美味しい工夫をしています。

<メニュー>

作り置きはNGから考えると○!正しくチャレンジしましょう

翌日以降も美味しく食べられるというのは、作り置きならではの工夫ポイントです。 特にメイン料理は、冷蔵庫の中にあると忙しい平日夜の助けになってくれるはず。 上記のおすすめ料理以外にも、調味料の使い方、食材の使い分け、食感の変化を考えて、オリジナルの日持ち料理を見つけてみてください。

ライター紹介 廣野沙織(管理栄養士)

お茶の水女子大学大学院にて食品科学を専攻し、調理を科学的に扱い美味しさを追求する研究を行った。 研究の傍ら、レシピ開発や執筆活動に従事し、在学中にフリーランス管理栄養士として開業。 出張・作り置きサービス「シェアダイン」の料理家として、主に子育て世帯の食事に向き合い、献立の提案・調理・レシピ提供等を行っている。