離乳食が進まない!困った時に試してみること離乳食初期〜後期

お子様の離乳食、順調ですか?

初めての離乳食。離乳食講座にも参加したし、本も購入して予習もバッチリ!のはずが・・・全然進まない。

口に入れたものをベェーっと吐き出してしまったり、泣かれてしまったり。

せっかく作った離乳食を食べてくれなくて、途方にくれたり、悲しくなったりしてしまうママもいるのではないでしょうか。

あまりに進まないと離乳食の時間がとても辛い・・・と思ってしまうママもいらっしゃるかもしれません。

赤ちゃんが離乳食を食べない理由がいくつか考えられます。そんな時にぜひ試していただきたいことをまとめました!

離乳食初期

生後5、6ヶ月ごろになると、食ベ物を「食べる」練習を始める時期になります。

離乳食をはじめたばかりの初期のころに食が進まない場合は、次のことが考えられます。

「まだ早い」可能性も

生後5ヶ月は離乳食を始める目安の時期ではありますが、最適な時期は赤ちゃん一人一人によって異なります。

赤ちゃんからのサインをしっかりとキャッチしてから、スタートしましょう。

首が座っている、支えると座っていられる、大人が食べている時に興味を示す、よだれの量が増える、哺乳反射(スプーンなどを舌で押し出してしまう)の減弱などのサインをしっかり見てあげて下さい。

食べ物の舌触りや食感にまだ慣れていない

何もかもが初めてづくしの赤ちゃんは、食べ物の舌触りや食感にまだ慣れていないという理由で、食が進まないことがあります。

このころは、母乳やミルクからの栄養補給がほとんどです。スプーンひとさじ食べられたら、それでもう十分なのです。前後に動く舌を使って、ごっくんすることに慣れるだけで良いのです。あまり神経質にならずに、おおらかな気持ちで見守りましょう。

生活リズムが安定していなく、お腹が空いていない

生活リズムが安定していなく、お腹が空いていないということなどが考えられます。

離乳食が始まると、生活のリズムが規則的になってきますが、始めたばかりの頃はまだまだお腹がすく時間、起きる時間、寝る時間がまちまちなので食が進まないことが多くあります。また母乳やミルクも飲みたいだけあげても良いので食べられなくても特に心配しなくても、また後で赤ちゃんの機嫌の良い時にまた試してみよう、くらいの気持ちで大丈夫です。

 

離乳食中期

この生後7、8ヶ月頃、中期にさしかかります。

この時期は、食べられる食材もぐっと広がり、どんどん新しい食材に挑戦したい時期です。

ただ、まだ食べたことのない食材に初めて挑戦するときは、食物アレルギーなどの心配もありますので、万が一の時に、医療機関に行けるように午前中や午後の早い時間に挑戦すると安心ですね。

だんだんと食べることが上手になり、離乳食も、少し粒を残す食形態へと変化させていきます。この時期に離乳食がなかなか進まない理由には次のことが考えられます。

食事以外のことに興味が向いてしまう

この時期の赤ちゃんは、だんだんと目も見えるようになり、知能も発達してくるので、様々なことに興味を持つようになります。そのため食事中に気が散ってしまうなんていうこともあります。

まずは食事の時間を決め、全部口をつけることができなくても、ある程度の時間で打ち切ってしまいましょう。ダラダラと食べているとメリハリがなくなってしまい、食事だか遊びだかの区別がつかなくなってしまいます。

体調や気分の変化で食欲がない時がある

これは大人である私たちでもあることです。

子どもだからといって、いつでもごはんが食べられる状況ではないので、そういう時は、体調の様子を見てあげたり、お話を聞いてあげたりしてあげましょう。

自分のペースで進まない食事に対して、ストレスを感じている

大人の都合で、食事を急かされたり、無理に食べさせられたりすることで、食事に対してストレスを感じてしまうこともあります。

朝の忙しい時間、夜の疲れている時間。内心「早く食べちゃって!」と怖い顔で向き合っていませんか?

お食事の時間で何より大切なのは、一緒にいる大人がニコニコしながら食事の時間を過ごすことです。こうすることで、食事は楽しいものであると感じるので、ストレスを与えるようなことはなくなります。

また、食べやすい食べ物のかたさや大きさなど、個人差も出てくる頃なので、一回食べなかったからと言って肩を落とさずに、色々な固さを試してみると、どのくらいが今の咀嚼力や嚥下力にちょうど良いかだんだんとわかるようになってきます。

 

離乳食後期

生後9〜10ヶ月頃はいよいよ離乳食の後期となります。

この時期には、赤ちゃんは上手に舌を左右に動かせるようになります。そうすると食べ物を、はぐきの位置まで移動させることができるので、はぐきで「かむ」ということができるようになります。

自我の芽生えとともに、好き嫌いが出てくる

このころになると、自分で食べたがったりする自我が芽生えてきて、より好き嫌いが顕著になってくる時期でもあります。

イヤイヤの感情表現も、実は成長の証です。無理強いはせずにおおらかな気持ちで接しましょう。授乳間隔が短いなど、空腹や満腹のリズムができていないと、なかなか食が進まないことがあります。いろいろな食材を試してみて食卓を彩り豊かにして興味が持てるようにしてみましょう。

リズムが整わないことによる、食欲のムラ

まだまだ「お腹すいた」「お腹いっぱい」のリズムが整っていないことにより、食欲にムラがあり、食が進まないことがあります。

まずは生活リズムをととのえるために朝は早起きして、朝ごはんをしっかり食べるようにします。日中は地域の施設や公園などにお出かけをして活動するようにすると心地よい疲労感が生まれ、空腹感を感じることができるようになるのです。夜も早く眠くなるので、早寝、早起き、朝ごはんのよい生活リズムが作られて、食欲の増進につながります。

離乳食の進みが、子どもの発達段階にあっていない

離乳食の固さや大きさが、子どもの口の大きさや、咀嚼の発達段階にあっていないと食べにくいことがあります。

1歳になる少し手前には、様々な固さや大きさのものが食べられるようになっていく反面、咀嚼力の個人差も目立つようになってきます。食べにくそうであれば、少し柔らかめにしたり、調味料を使ったり、形を変えたりして雰囲気を変えてあげるのも食事に興味をもつきっかけになります。また、1歳を過ぎて、手づかみ食べが見られるようになってきたら、手で食べやすいような形のものを用意してあげましょう。手づかみ食べをすることによって、食べ物の感触や、大きさ、固さを判断しているので思う存分に手づかみ食べをさせてあげて欲しいですね。

 

食事以外でできる工夫も試してみましょう

離乳食がなかなか進まないと、離乳食の味や作り方などに原因があるのではないかと考えてしまうママも多いかと思います。しかし実際は離乳食そのものではなく、他に原因がある場合もあります。

生活のリズムを整えて、朝ごはんを食べる習慣を

例えば、授乳間隔が短かったりして、空腹や満腹のリズムができていないと、なかなか食が進まないことがあります。まずは生活リズムをととのえるために朝の早起きを習慣にして、朝ごはんをしっかり食べるようにします。

日中は地域の施設や公園などにお出かけをして活動するようにすると心地よい疲労感が生まれ、空腹感を感じることができるようになるのです。夜も早く眠くなるので、早寝、早起き、朝ごはんのよい生活リズムが作られて、食欲の増進につながります。睡眠、食事、遊びなどの活動のメリハリを大事にするとよいでしょう。

離乳食がなかなか進まない・・・うちの子だけ!?

楽しみだった離乳食。理想と現実のギャップに愕然としてしている方も多いのではないでしょうか?

厚生労働省「平成27年度乳幼児栄養調査結果」によると、0~2歳児の保護者で、多い順に「作るのが負担、大変」「もぐもぐ、かみかみが少ない(丸のみしている)」「食べる量が少ない」などの悩みを持っている方がいらっしゃいます。続いて、「食べ物の種類が偏っている」や「乳汁と離乳のバランスがわからない」など様々なお悩みを抱えています。

そんな保護者の方々にまず一つ言えることは、「多くのご家庭で悩んでいる」ということ。

食べないこと、イヤイヤすることは、自我の証。成長の証なのです。「せっかく作ったのに・・」「頑張ったのに・・」という気持ちになってしまうかもしれませんが、イヤイヤも立派なお兄さん、お姉さんになっている嬉しいことなのです。ぜひ、大人の怖い顔をやめて、ニコニコ笑顔でお食事の時間を過ごしてみましょう。

それを続けることで、子どもは、食事の時間に楽しい時間と認識してくれるので、今すぐとはいかなくとも、何年、何十年と続くこの先の人生、生涯の「食」に関する興味、関心を高めることができ、健やかな人生を送ることができるようになります。また、離乳食は、子どもの発達段階に合わせた固さ、大きさにすることが、食がすすむためのポイントにもなります。

ほんの少し、固さを変えただけで食が進むようになる例も少なくありません。食の専門家である、管理栄養士、栄養士のアドバイスをきいてみると、案外近い所に解決の糸口があることに気づくことができると思います。

忘れてはいけないのが、大人一人一人個性があるように、赤ちゃんも一人一人違います。離乳食にしても、育児にしても、「こうでなくちゃいけない」ということはなく、おおらかな気持ちで成長を見守るということは、とても大切なことです。

離乳食の負担を軽くする技!

離乳食は楽しい時期でもあり、人一倍大変な時期でもありますね。上手に乗り切る工夫をご紹介します。

加熱する調理工程で工夫

抵抗力の弱い赤ちゃんは、加熱という調理工程が多くありますね。鍋を何個も使ったりするのは大変ですよね。耐熱性のビニール袋や、耐熱容器を使って加熱することもできますのでうまく利用してみましょう。

市販のベビーフードを利用する

また、外出時や、品数が少ないときは、市販のベビーフードを利用するのもよいです。塩分などが気になる方もいらっしゃいますが、ベビーフードは乳児に合わせて塩分濃度が0.5%以下になるように作られています。選ぶときは料理名や、材料名が偏らないようにしてプラスしてみましょう。

取り分けて作る(展開食)

あとは、家族の分を作っている途中でとりわけをすると、離乳食作りの負担がぐっと少なくなります。煮物など、調味をする前に煮えているものを離乳食用に取り分けてしまい、味付けをそれぞれですればOKです。

 

離乳食!食べてないけど大きくなれるの?

離乳食が進まないと必要な栄養は足りてるのかしら・・・?と不安になりますよね。

特に離乳食初期については、初めて食べる離乳食の舌触りや食感に慣れろこと、食べ物が飲み込めるようになる練習の期間なので、母乳やミルクから栄養摂取をするイメージで問題ありません。

また、栄養バランスが心配な場合は、成長曲線のグラフに体重や身長を記入していき、大きく外れていないようであれば、心配しなくても大丈夫です。どうしても気になるようであれば、一人で悩まず検診時に保健師に相談してみましょう。

 

行政の子育て支援も上手に活用

近年、行政機関も子育て支援に力を入れていますので、お住まいの自治体の子育て支援課、子育て支援センター、保健センターなどの窓口に電話したり、直接相談することもできます。

子育ては、社会全体でする時代。一人で悩まず、どんどん利用しましょう。

参考文献

 


髙崎 志穂美
 
管理栄養士・保育士・はぴもぐコンサルタント
 

栄養士養成専門学校を卒業後、給食受託会社に就職し、病院、介護老人保健施設で勤務。その後、小学校で学校栄養職員に従事し、献立作成、給食管理、食に関する指導を行う。望ましい食習慣の形成のためには離乳食期、幼少期の食事が重要であると考え、保育士資格を取得。フリーランス管理栄養士として家庭での食事支援、こども食堂の運営、食のアフタースクール講師などに携わる。食を通じて幸せになってもらえるように想いを込めた「ハッピーもぐもぐ」を略して「はぴもぐコンサルタント」として活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です