ユーザーインタビューvol.4 ずっと気になっていた食事のコト。シェアダインは食卓もお腹も心も豊かになるサービス

子供が3人。職場は融通が利く方だとは思いますが、どうしても夕飯どきは時間に追われます。幸か不幸か近くにお惣菜屋さんやお弁当屋さんがないので、毎日作っています。でも忙しいので、1-2品しか作れません。前日の夜とか朝に下ごしらえをしておけばいいんでしょうけど、できないんですよね…。レパートリーも最近はめっきり増えないので、メニューがマンネリ化しています。美味しくないと子どもたちは食べないこともあり、なんだか可哀想になる時もしばしばありました。

ずっと気にはなっていましたが、かといって死活問題というわけでもないんですよね。我慢すればいいか、と。だから真剣に解決策を立てようとしたり、どんな解決策があるか調べたりもしていませんでした。

ちょっとやってみようかなと試したシェアダイン。全てが期待以上!

料理代行サービスというものがあるのは知っていました。でも、まぁそこまでしなくてもな、と いうのが正直なところでした。シェアダインは単なる料理代行ではないと聞き、ちょっとやってみようかな、くらいの気持ちでお願いしたのですが、結果は全てが期待以上でした。


まず最初に感じたのは料金が安い、ということ。近所に手軽なお惣菜屋さんなどがないので、夫がいない時は、子どもたちと外食で済ませることもしばしばあります。子供が3人ともなると、ファミリーレストランでも一回で5,000円ほどはかかります。デリバリーだともっとしますね。それに比べてシェアダインは3日分の料理で7,000円前後。1食あたりで考えればとっても安いし、しかも健康的とあれば言うことないですよね。

8品くらい作っていただいたので、その日の晩はカウンターキッチンのカウンターに並べてレストランのバイキング形式にしました。子どもたちは大はしゃぎで、特にロールキャベツに大感動!!!よくある、ひき肉を巻いたものではなくて豚肉の薄切りを重ねてくるくると巻いてあるんです。2ヶ月近く経った今も、「あのロールキャベツがまた食べたい。ママ作って~」とリクエストされます(笑)

やらなきゃいけないと思っていた料理が、もっとやろうと前向きに思えた 

その嬉しそうな笑顔を見て、ああやっぱり美味しいご飯を食べると嬉しいんだよね。この笑顔のために私ももう少しお料理がんばらないとな、と自然に思いました。子どもたちにも「ママも頑張らなきゃね~」と(笑)

美味しいご飯が並んで、笑い声が響く食卓って本当に幸せなひと時。わかりきったことなのにすっかり忘れていたことを再認識しました。今は副菜を1品多く作ってますよ!

でもさすがに一人で8品は作れないので、時々は来て作っていただきたいですね。シェアダインは毎日の食卓が、お腹が、心が、豊かになるサービスだと思います。

Follow me!

「和食まるごとBOOK」無料ダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です