赤ちゃんが自分で食べられる、「手づかみ食べ」に最適なおやき。保育園での離乳食おやつの中でもとても人気です。今回は、離乳食の後期〜におすすめの、野菜を使ったおやきを5つご紹介します。


栄養士やレストランシェフが登録の国内No.1 出張シェフ

新聞、雑誌、TV等で話題の出張シェフサービス「シェアダイン」が本記事をお届けしています。離乳食から美容・エイジング、生活習慣病まで、1食あたり645円(*サブスク定額プランにて食材・交通費込みで算出)〜で、メニューの提案から調理まで行います栄養士やレストランシェフなど約1,000名が登録。きっとあなったにぴったりの”専属シェフ”が見つかりますよ。


 

手づかみ食べ(離乳食後期)はなぜ必要なのか?

赤ちゃんが離乳食を食べ始めるのは、個人差もありますが離乳食の初期にあたる生後5~6ヶ月頃、支えればおすわりができるようになってから。最初は液体に近いものからスタートし、飲み込めるようになったら固形にしていきます。中期を経て、離乳食の後期にあたる9ヶ月くらいから徐々に手づかみを始める子が出てきます。
もちろん個人差があるので完了期頃の1才を過ぎてからの子もいます。

ーなぜ、手づかみ食べをする必要があるのでしょう?

手づかみ食べは、目と手と口の協調運動です。
赤ちゃんの脳の発達の証でもあるので、積極的に手づかみメニューを取り入れることが大切です。手づかみ食べを経験させることで、赤ちゃんは自分の「一口量」を覚えます。食べている途中で、口の中に食べ物を詰め込みすぎてむせたり、こぼしてしまったりすることもありますが、こういったことも全て学習です^^

*手づかみ食べに適しているもの*

  • おにぎり
  • 5センチくらいの長さのスティックにんじんや大根(茹でたもの)
  • サンドイッチ

などなど。そして、今回のテーマであるおやきです!

手づかみ食べにおすすめのおやき5選

小松菜とかぼちゃのおやき

かぼちゃを柔らかくつぶしたものに、茹でて細かく刻んだ小松菜とにんじん、それから片栗粉、牛乳を少し加えて全体を混ぜます。少量の油をフライパンに引き、弱火で両面を焼いて完成です。

にんじんと小松菜のおやき

材料は、にんじん、小松菜、じゃがいもです。にんじんと小松菜は、茹でたものを細かく刻みます。じゃがいもは、茹でてからつぶします。

にんじんと小松菜のおやき
じゃがいもに粘り気があるので、片栗粉を入れなくても生地がまとまります。フライパンに少し油を引き、弱火で両面を焼いて完成。にんじんと小松菜のおやき2

かぼちゃと豆腐のおやき

かぼちゃを柔らかく茹でるか、電子レンジで加熱してつぶします。絹ごし豆腐と片栗粉を加えて混ぜます。1、2と同様に焼いて完成。

かぼちゃと小松菜のおやき

ひきわり納豆と高野豆腐のおやき

意外な組み合わせかもしれませんが、タンパク質が取れる上に味もおいしいです。まずは、ひきわり納豆をお湯につけて粘りを少し取り除きます。


高野豆腐は、水で戻さずにおろし金を使って細かくします。


水気を切ったひきわり納豆と片栗粉を加えて混ぜ合わせます。ひきわり納豆と高野豆腐のおやき3同様に、フライパンで焼いて完成。ひきわり納豆と高野豆腐のおやき

コーンフレークとにんじんのおやき

コーンフレークは、牛乳につけて柔らかくふやかします。にんじん、かぼちゃのマッシュ、片栗粉を加えて混ぜてから、同様にフライパンで焼いて完成です^^コーンフレークとにんじんのおやき

コーンフレークは、牛乳でふやかしたので柔らかくなっていて、食べやすいです。

手づかみ食べにちょうどいいおやきの硬さと大きさはどのくらい?

肉団子くらいの硬さで、歯茎でつぶして食べられるくらいが良いです。月齢に合わせて歯茎で噛める硬さに調理しましょう。こちらでご紹介したおやきも、焼きすぎて硬くならないようにしましょう。大きさは、まずは子どもの一口大の大きさから「手づかみ食べ」を始めて、スティック状→一口大×4くらいの大きさに移行していくと良いですね。

焼いたおやきを食べない場合は「蒸す」おやつ

焼いたものはなかなか食べてくれない!という場合は、かぼちゃやじゃがいもの茶巾絞りのように、電子レンジで温めたり、蒸した柔らかいものだと食べてくれることが多いです。フライパンで焼いたおやきが苦手な子には、調理法を「焼き」ではなく「蒸し」にすると良いでしょう。

おやきの保存方法「冷凍」も可能

おやきは他の離乳食と同様、冷凍保存も可能です。多めに作って、粗熱をしっかりとった後は、ラップにくるんで冷凍庫で保存しましょう。レンジでチンすればおいしく食べれますよ。

いかがでしたか?この他にも組み合わせの食材は自由自在。お子さんの好きな食材と食べさせたい食材を組み合わせて、ぜひ試してみてくださいね^^


シェアダインシェフ ミーナさん(管理栄養士)

料理研究家。1990年10月9日生まれ。群馬県出身。4年制大学卒業後、3年間金融機関職員として働く。趣味だった料理について、専門的に勉強したいとの考えから、会社を退職し、栄養士養成の専門学校にて栄養学や料理について学ぶ。休日に不定期で料理教室や勉強会の開催、ケータリングアシスタント、お菓子教室のアシスタントなど幅広く活動している。自身が一眼レフで撮影している料理写真にも定評があり、手作りお菓子のフォトコンテストでの受賞歴もある。

出張シェフサービスのシェアダインでは、管理栄養士や本格シェフによるお客様に合わせたお料理メニューで、お料理の作り置きサービスを提供しています。妊活から妊娠、産後、離乳食作りまで、知識をもったシェフが寄り添って、お食事を全面サポートいたします。
毎日新しいお料理プランが登録されていますのせ、ぜひご覧ください。

離乳食の出張料理プランを見る

作り置きについて体系的に学べる「ミールプレップ・エキスパート」開講中!

トップクラスの講師から1日で「作り置き」について体系的に学びませんか?
講座についての詳しい案内はこちら

講座実施日:2019年3月5日(火)10:00-16:00
      4月以降順次開講

場所:東京栄養食糧専門学校校舎内(池尻大橋駅から徒歩5分)
   東京都世田谷区池尻2-23-11
http://www.shokuryo.ac.jp/access

価格:35,000円(税抜き)

内容:
作り置きのための基礎知識生管理などの座学
2時間半で10品を調理するデモンストレーション型講義

担当講師:沢辺利男
学校法人食糧学院専任教員
専門調理師(日本料理・西洋料理・麺料理・寿司料理・給食特殊料理)

申し込み

お名前・メールアドレス・ミールプレップエキスパート受講希望を明記の上、inquiry@sharedine.me までご連絡ください。
個別にご連絡いたします銀行口座への振り込みをもって、お申し込み完了となります。