価格の変動が少なく、栄養価も高い卵は主婦にとって強い味方といえますね。主婦の方に限らず、ひとり暮らしや、あまり料理をしないという方でも、卵は常備してあるというご家庭が多いのではないでしょうか。卵焼きや目玉焼き、ゆで卵などは簡単に調理できますし、お弁当などに入れると彩りも明るくなるので、毎日の料理に欠かせない存在ですよね。とはいえ、パック詰めで買ったは良いけれどいつも2~3個余らせてしまう、いつの間にか賞味期限が切れていた、なんていう経験はありませんか?また、いつも同じメニューになってしまってマンネリ気味…とお悩みの方も多いのでは。

そこで今回は、出張作り置きサービス「シェアダイン」に登録している料理家がおすすめの卵レシピをご紹介します。卵が安く買えた時にまとめて作り置きできるものから、1~2個余らせてしまったので使い切りたい!という時に役立つものまで、どれも簡単に調理できる便利なレシピ集です。是非、ご家庭の悩みに合わせて参考にしてみてくださいね。 

『お弁当や箸休めに最適、冷蔵庫の野菜を切って溶き卵と炒めるだけ!卵とニンジンのしりしり』

【材料】(2人分)調理時間:10分

・卵・・・1個

・ニンジン・・・1本

・白ごま・・・少々

・砂糖・・・小さじ1/2

・みりん、醤油・・・各小さじ1

・ごま油・・・大さじ1

・塩コショウ・・・少々

・イタリアンパセリ・・・適宜

<作り方>

1・二ンジンは皮をむき、長さ5センチ程度の千切りにする。卵は溶いておく。

2・フライパンにごま油をひいて中火で熱し、ニンジンを炒める。全体がしんなりとしたら、砂糖、みりん、醤油を加えて炒め合わせる。

3・溶き卵を鍋肌から回し入れ、全体を絡め合わせるようにして卵がぽろぽろになるまで炒める。塩コショウで味を整え、器に盛り付け、白ごまをふる。あれば刻んだイタリアンパセリを散らす。

子供も大好きな炒め物です。卵はポロポロになるまでしっかりと加熱することで作り置きに適したおかずになります。「しりしり」とは沖縄の方言で千切りという意味ですので、野菜はなるべく細く切ることがポイントです。しっかりと炒めたニンジンは甘みが増して、ニンジン嫌いのお子さんでも食べやすいと思います。また、ニンジンなどカロテンを豊富に含む野菜は、油と一緒に摂取すると体内への吸収率が高まると言われています。ニンジンで作るのが一般的ですが、ピーマンやキノコ類で作っても。日持ちを考えて、水分の出にくい野菜を使うようにしましょう。野菜を切って、溶き卵を加えて炒めるだけなので、料理初心者さんにもおすすめです。冷蔵庫で2日保存可能。

料理家名:midori

『すぐに使い切りたい時におすすめ!ニラ玉あんかけ丼』

【材料】(1人分)調理時間10分

・温かいご飯・・・茶碗1杯分

・卵・・・2個

・ニラ・・・1/4束

・水(A)・・・200㎖

・鶏がらスープの素(顆粒)(A)・・・小さじ1

・醤油(A)・・・小さじ1/2

・塩(A)・・・少々

・片栗粉(B)・・・小さじ2

・水(B)・・・大さじ1

・ブラックペッパー・・・適宜

<作り方>

1・(B)を合わせて水溶き片栗粉を用意しておく。卵は器に割り入れてほぐしておく。ニラは根元を落とし、3センチ程度の長さに切る。温かいご飯を器に盛り付けておく。

2・フライパンにサラダ油少々(分量外)をひいて中火で熱し、卵を流し入れる。菜箸で大きくかき混ぜるように炒め、半熟の状態で取り出し、ご飯の上にのせる。

3・2のフライパンをさっと拭き、(A)を加えて煮立たせる。ニラを加えて手早く水溶き片栗粉を加えてとろみを付ける。卵の上に掛けて、お好みでブラックペッパーをふる。

賞味期限が迫った卵を使い切りたい、という時におすすめのレシピです。半熟状態に仕上げた卵とさっぱりとしたあんがご飯に良く絡んで箸が進みます。少ない材料でちゃちゃっと作ることができるので、忙しい日の昼食などにおすすめです。こちらは作りたてをすぐにお召し上がりください。

料理家名:midori


『調味料を変えるだけ!いつもの甘い炒り卵の脱マンネリに、みそ炒り卵』

【材料】作りやす分量を表記しています。調理時間5分

・卵・・・2個

・味噌・・・大さじ1

・みりん・・・小さじ1

・塩・・・ひとつまみ

<作り方>

1・小さめの容器に味噌とみりんを入れて良く混ぜ合わせておく。卵は器に割り入れてほぐしておく。

2・フライパンにサラダ油少々をひいて中火で熱し、卵液を流し入れる。菜箸でかき混ぜながら炒める。

3・卵が半熟状態になったら1の味噌だれを加えて火を止め、しっかりと混ぜ合わせる。

炒り卵はご飯の上にのせるだけでお弁当が華やかになりますよね。でもいつも甘い炒り卵ばかりになってしまうとお悩みの方に、ぜひ試して頂きたい一品です。味噌の風味が意外と卵に合います。写真のように、塩ゆでしたオクラと合わせるとかわいい前菜に変身します。 冷蔵庫で3日保存可能。

料理家名:田中あい
https://sharedine.me/chefs/69

『野菜を炒めて卵で固めるだけ!カラフル野菜のスパニッシュオムレツ』

【材料】(2~3人分)調理時間10分・

・卵・・・4個

・じゃがいも・・・1個

・玉ねぎ・・・1/2個

・ピーマン・・・2個

・ズッキーニ・・・1/4本

・パプリカ・・・1/2個

・ハム・・・2枚

・ニンニクのみじん切り・・・少々

・サラダ油・・・大さじ1

・塩コショウ・・・少々

<作り方>

1・じゃがいもは皮をむき、2センチ程度の厚さのいちょう切りにする。水にさらしてアクを抜き、耐熱容器に並べる。ふんわりとラップをして、600Wの電子レンジで2分ほど加熱する。

2・玉ねぎ、ピーマン、パプリカはそれぞれ1センチ程度の角切りにする。ズッキーニはいちょう切りにする。ハムは食べやすい大きさに切る。

3・ボウルに卵を割り入れてほぐし、塩少々(ふたつまみ程度が目安)を加えて混ぜ合わせる。

4・フライパンにサラダ油をひいて中火で熱し、ニンニクのみじん切りを炒める。香りが立って来たら玉ねぎを加えて炒め、玉ねぎが透き通ったら残りの野菜、ハムを加えて炒め合わせる。塩コショウで味を整える。

5・卵液を流し入れて全体を大きくかき混ぜたら蓋をし、弱火で5分ほど加熱する。全体が固まってきたら蓋を取り、上下を返してさらに3分ほど焼く。食べやす大きさに切り分ける。お好みでケチャップなどを添えても良い。

野菜はレシピ通りでなくてもOKです。冷蔵庫に中途半端に残っている野菜や食材を使ってください。野菜不足も解消できて、冷蔵庫も一掃できる一石二鳥のレシピです。ハムが入っているので子どもでも食べやすく、冷めても美味しいのでお弁当にもおすすめ。「何の野菜が入っているかな?」とお子さんとクイズを出しながら食べるのも楽しいですよ。冷蔵庫で2日保存可能です。

料理家名:田中あい
https://sharedine.me/chefs/69

『トッピングやおつまみに使えて重宝!酢醤油の漬け卵』

【材料】(2人分)調理時間10分

・卵・・・2~3個

・醤油(A)・・・大さじ2

・酢(A)・・・大さじ1

・砂糖(A)・・・小さじ1

<作り方>

1・卵は水から茹でて、沸騰したら8分茹でて火を止める。冷水にとり、殻をむく。

2・容器に(A)を入れて混ぜ合わせ、ゆで卵を漬ける。途中上下を返し、冷蔵庫で2時間ほど漬ける。

使い切りたい卵がある時は漬け卵にするのがおすすめです。おつまみとしてそのまま食べるのはもちろんのこと、カレーやラーメンのトッピングとしても重宝します。市販のめんつゆに漬けるだけでも美味しいですよ。冷蔵で3日保存可能。

料理家:midori

ライター紹介 楠みどり(シェアダイン料理家)
輸入青果会社勤務時代に野菜に興味を持ち、野菜ソムリエプロ、フードコーディネーターの資格を取得、料理教室を主宰。出産後は子どもの味覚の敏感さに驚き、子どもの味覚を育てたいという思いから、幼児食インストラクターの資格を取得。現在はフリーランスのフードコーディネーターとしてレシピ開発やスタイリングなど行うと同時に、出張・作り置きサービス「シェアダイン」の料理家として、主に子育て世帯の食事に向き合い、献立の提案・調理・レシピ提供等を行っている。

 

オススメ記事