焼き立てパンのふあっと鼻をくすぐる匂い
クロワッサンのサクサクする歯ざわり
見た目も華やかなフルーツのデニッシュ……

パンはわたしたちの五感を刺激する食べ物ですね。
子供たちもパン好きの子は多いです。

だからでしょうか、パンの登場する絵本って、たくさんあるんですよ!

今回は「みんなが大好きなパン」が主役のおすすめ絵本を紹介します。

リズミカルな言葉が楽しい写真絵本『ぽんちんぱん』 

      おすすめ年齢:0歳・1歳・2歳

  定価:本体 800円+税

  作:柿木原政広

  出版社:福音館書店

白地に、すっきりとパンだけがポンと登場します。
珍しい写真の赤ちゃん絵本です。

この絵本、わたしは数えきれないほど、赤ちゃんに読んでいますが、
赤ちゃんも、ママもものすごくいい笑顔になる本なんです。
なぜって、この絵本のなかでパンが笑顔を見せてくれるから。

リズミカルな言葉が、心地よくて、くせになりそう!
家族みんなで楽しめると思います。

七変化を楽しんじゃおう『パン ぱくぱく』

   おすすめ年齢:1歳・2歳

   定価:本体 800円+税

   作・絵: ふくざわゆみこ

   出版社:ひかりのくに

パンはそのままでも美味しいけれど
七変化する楽しみもあるんです。

こんがり焼いてバターを塗って
いろなんジャムをつけてみる!
卵をのせる!
トマトやレタスを挟む! 
油で揚げる!
あんこが入る!

ね、七変化でしょう?

わかりやすい絵で、小さな子にも理解しやすいと思います。
パンの食べ方のバリエーションを増やすことができますね。

ページいっぱいに描かれた夢のあるパンがみんな大好き
『からすのパンやさん』 

  

  おすすめ年齢:3歳・4歳

  定価:本体 1,000円+税

  作・絵:かこさとし

  出版社:偕成社

みんな知っている絵本ですよね!
たくさんの子供に愛されてきたロングセラー絵本です。

子供が好きなのは18~19ページいっぱいに描かれた
ゆかいなパンいっぱいのページ!
「はとパン」「やかんパン」「ピアノパン」「ゆきだるまパン」
「たけのこパン」「おそなえパン」・・・・・・などなど。

親子でこのページをじっくり覗いて
好きなパンを見つけてくださいね!

日常の一コマから冒険へ 夢のあふれた韓国の絵本
『ふわふわくもパン』

  おすすめ年齢:3歳・4歳

  定価:本体 1,500円+税

  作・絵:ペク・ヒナ
      訳:星あキラ キム・ヨンジョン
      写真:キム・ヒャンス

  出版社:小学館

ここに登場するパンは、
なんとなんと「雲」で作られたパンなんです!

雨が降ってこっそり外にでたネコの姉弟が
木の枝に引っかかっている小さな雲を見つけます。

それ受け取ったママは、
ミルクと水、イースト、塩と砂糖を入れ
こねこねしてパンにしました。

朝ごはんにパンを食べたら・・・
ふわふわ体が浮き始めたんです!

夢のあふれた韓国発の絵本です。

子供だけでパンを焼いちゃおう『ぼくのぱん わたしのぱん』 

  おすすめ年齢:4歳・5歳

  定価:本体 900円+税

  作:神沢利子
      絵:林 明子

  出版社:福音館書店

表紙の色合いからして
パンの香ばしい匂いがしてきそうじゃないですか?

男の子と女の子だけで
パンをちゃんと作っちゃうのですよ、この絵本では。

パンやさんであまりにおいしそうだから
自分たちで作っちゃおうって始めるんです。
いいですねえ、自分たちで作るという発想。

正確に絵かがれていて
読み進めるだけで、パン作りの手順がしっかりわかります。

パン屋さんに憧れる子にオススメ写真絵本『パンができるまで』

  おすすめ年齢:5歳・6歳~

  定価:本体 2,200円+税

  構成・文:宮崎祥子
  写真:白松清之

  出版社:岩崎書店

小麦からパンになるには、「発酵」が必須ですよね。
その様子を写真できっちりと伝えてくれるのはパン屋さんに密着取材したこの本です。

「生イースト」「ドライイースト」「自家製酵母」という言葉も登場します。
パン屋さんのおいしいパンの裏側にはこんなお仕事があるんですねえ。

パン屋さんに憧れる子供もいっぱいいますから
まずはこんな本を見てイメージングしてみましょ!

 

小麦にアレルギーあるお子さんも、いまは米粉のパンがずいぶん出てきましたよね。
食べるだけでもいいけど、パン作りは子供の大好きな不思議な手触りがあるんですよ。
休日や、お誕生会などに軽くチャレンジしてみるのはどうですか?

形のいいパンを目指すのではなく
『からすのパンやさん』のパンみたいに
不思議なパンでいいと思います!


大久保 徳久子(おおくぼ とくこ)

絵本de子育てコーチ/ 読書アドバイザー

出版社にて絵本・児童書の書籍編集に携わったのち、現在はフリーランス編集者として活動。手掛けた絵本・児童書は300冊にのぼる。編集者としての経験を活かし、子どもの本の講座や個人レクチャーを行っているほか、小学校や保育園で読み聞かせ活動を続けるなど、多岐にわたって絵本の魅力を広める活動を行っている。直近では、文京区図書館において絵本講座「本好きの子どもを育てるレシピ」を担当し好評を博した。

また、子育てする親向けに、絵本にコーチングの知識を織り交ぜたオリジナル講座【絵本de子育てコーチング講座】も不定期に開催。

発売中の『幸せに生きる力をつける3~10歳までの子育て』(洋泉社)にて図書館の使い方ページを担当。

プライベートでは1児のママ。

公式ブログ http://ameblo.jp/ehonde

■毎月開催中■

NPO法人子育てkitchenグループ「本好きの子どもに育てる絵本の読み方・選び方」講座

浅草の大人気親子カフェ【ぱんだカフェ】では赤ちゃんママに「えほんお茶会」


【シェアダイン出張作り置きサービス】 

栄養士・調理師を始めとする様々な食のプロが、3時間で10品前後のお料理を作り置きいたします。 
お子様などご家族の食事の悩みに向き合い、 ご家庭ごとのニーズに合ったメニューを提案いたします。
調理のコツなどもお伝えしますので、プライベートお料理教室のようだった、子供の喜ぶレパートリーが増えたなど、喜びの声をいただいています。

オススメ記事