偏食

子どもの食事の悩みでよく聞かれる偏食。子どもの成長の為、なんでも好き嫌いなく食べて欲しいと思うのが親心です。しかし、無理強いは禁物。おおらかな気持ちで偏食の原因を探り、好き嫌いなく食べてもらう工夫をしましょう。

今まで好き嫌いなく何でも食べていたのに、急にある食材を食べなくなったと悩まれるママはたくさんいます。2〜3歳の偏食は味覚が発達し、自我が確立され、意思表示ができるようになった成長の一つとも考えられます。これは一過性であることがほとんどで、全く食べないと思っていた食材を急に食べ出したり、逆に他の食材を食べなくなったりと寄り道をしながら成長していきます。無理に食べさせることは余計に嫌がる原因に。ママやパパも気持ちにゆとりを持ち、切り方や調理法を変えたり、食事する環境を変えるなど、工夫することで偏食の解消を目指しましょう。

テーマから探す

Hatena