食育

幼児期のお子様は遊び食べや好き嫌いが出たりしますが、日々の工夫した食事で子どもは体だけでなく心も育ちます。健やかな心と体の成長のために、ご家庭で無理なく取り入れられる「食育」をご提案します。

パティシエと調理師のハイブ...

ハイブリット...

★★★★★デビュー

交通費・税込

8,640円

(1食あたり958円~)

近年のライフスタイルの変化によって、子どもの生活リズムも乱れ、朝食の欠食や孤食が増加。それを問題視して「食育基本法」が制定されました。特に幼児期のうちに望ましい食習慣を身に付けることで生涯健康で豊かな人間性を育むことに繋がります。 子どもは大人以上に体調や気分にムラがあるので、食べる量がなかなか一定しないものです。特に幼児期は自我が芽生え、自己主張が激しくなる時期なので、無理に食べさせようとせず、大人はおおらかな気持ちで見守ることが大切です。また、食べる量や好き嫌いばかりを気にするのではなく、規則正しい生活習慣を身に付け、おやつを与えすぎない、外でたくさん体を動かすなど、普段の生活を見直すことも大切です。好き嫌いのほか、小食または食べ過ぎ・早食いなど、お子様の食の悩みについてお伺いし、子どもの成長に必要な栄養を取り入れたメニューをご提案します。 食育は料理だけではありません。料理の香りや彩り、食事中の家族の会話、料理の手伝いをすることなども食育のひとつです。食べ物にまつわる絵本の読み聞かせや家庭菜園など、ご家庭でも是非取り入れてみてください。
Hatena