お弁当

「今日のお弁当はなんだろうな」お弁当箱を開ける時のワクワクした気持ち、覚えていますか?様々な工夫と愛情が詰まったお弁当箱はまさに家族の絆。食べる人の笑顔を想像しながら作れば美味しさも倍増のはず!お弁当作りが楽しくなるコツをご紹介します。

コツ①:冷めても美味しいことが基本。甘辛味・塩味・甘酸っぱい味などをバランスよく詰めましょう。 コツ②:お弁当に便利な野菜を常備しておきましょう。茹でるだけでOKのアスパラガスやブロッコリー、茹でて冷凍保存できるほうれん草や小松菜、レンジ加熱でホクホクに仕上がるかぼちゃなどがおすすめ。 コツ③:困った時に頼りになる食材を用意しておきましょう。サッと火を通すだけで使えるウインナーやハム、そのままでも食べられるちくわやかまぼこなどの練り製品、保存が効くツナ缶や鮭缶なども便利です。そして困った時はやっぱり卵の出番!ゆで卵に卵焼き、オムレツやチャーハンなど幅広く使えますし、鮮やかなイエローカラーは食欲を刺激してくれます。 コツ④:前日の夕飯を賢く活用!夕飯に作ったから揚げやハンバーグを少しアレンジしてお弁当に詰めたり、夕飯作りのついでに翌朝のお弁当用の野菜を切ったりしておくと、お弁当作りが随分ラクになりますよ。
Hatena