料理家 孝太郎

Authenticated checkbox認証済み
TwitterFacebookLine

8,500 ~ 9,180円

ユーザーのお悩み相談TOP3

お子様が喜ぶレパートリーが少ない
レパートリーが少ない(魚類)
旦那様が喜ぶレパートリーが少ない

自己紹介

福岡県出身、料亭や割烹、おばんざい料理などで修行し、現在は日本料理、家庭料理の伝統や文化、そして味、の素晴らしさを伝えていきたい!!そんな思いで飲食店プロデュースしています。
また、都内で和食・土鍋の料理教室も主宰しています。
決して、晴れの日の料理では無いけれども、ずっと長く伝わっていく味、温かみのある料理を作っていきたい、伝えていきたい、そんな思いでいつもお料理作っています。よろしくお願いします。

職歴

18歳の時に日本料理の世界に飛び込み勤め始める。25歳の時に上京。
そのあと、家庭料理の素晴らしさに出会い、日本料理の技法や知識などを軸に、より親しみ易いお料理を日々考案中。

保有資格

日本料理店勤務経験

メッセージ

決して、晴れの日の料理では無いけれども、ずっと長く伝わっていく味、温かみのある料理を作っていきたい、伝えていきたい、そんな思いでいつもお料理作っています。
よろしくお願いします。

得意料理

和食全般

孝太郎さんの得意料理

Thumb 1080x1080 268828485856cb7f705008be12365d2d
Thumb 1080x1080 9ae9fc523f185fecfbb55532e962c74e

4 件のレビュー

2019年2月11日

★★★★★5.0

味付け★★★★★

品数や献立の組み合わせ★★★★★

コミュニケーション★★★★★

時間の15分前には来て下さいました。
気さくなお兄さんという優しい雰囲気をお持ちで、息子も喜んでおりました。
お料理は素晴らしく、タコとイカの南蛮漬け、お浸し二種類、金目鯛の炊き込みご飯、糸縒りと野菜の煮付け、エビとチーズの揚げ春巻き、唐揚げ、魚で出汁をとった汁物、サツマイモのスナックまで作って頂きました。味付けも優しく、出汁中心で、関西人の私達夫婦にはとても嬉しい味付けです。またお願いしたいと思います。ありがとうございました!

2019年2月3日

★★★★★5.0

味付け★★★★★

品数や献立の組み合わせ★★★★★

コミュニケーション★★★★★

5歳の長男と2歳の長女にお魚を捌いているところを見てもらいたいとこちらのプランを申し込みました。長女はあまりわかっていなかったですが、あれ?お魚さんの頭はどこ行っちゃったの?などと眺め、長男は緊張しながら包丁を握らせてもらい、孝太郎さんにコツを教えていただきながら1匹三枚おろしを完成させました!
茄子の煮浸しやお漬物などシンプルな品でも一手間があり、薄味ながら味が染み込んでいてプロのお料理でした。鯛ご飯がお家で食べられるなんてと家族全員で美味しくいただきました。作っていただいたお料理全てが美味しく、次回は別のメニューもお願いしてみたいです。
・アジのハンバーグ
・鯛の炊き込みご飯
・鮭とたらの幽庵焼き(仕込み)
・鶏の唐揚げ
・鶏の照り焼き
・茄子の煮浸し
・ひじきと竹輪としらたきの煮物
・きゅうりと蕪の浅漬け
・レンコンの福神漬け風
・さつまいもの蒸し揚げ
・野菜たっぷり汁
・照り焼きのもと
・おひたしのタレ

2019年1月26日

★★★★★5.0

味付け★★★★★

品数や献立の組み合わせ★★★★★

コミュニケーション★★★★★

4歳の娘と一緒に楽しくアジをさばいていただきまして、ありがとうございました。あれ以来、お魚は美味しいもの!!に娘のマインドが変わりました。やはり自分で調理することで、楽しい・美味しいがインプットされたのだと思います。
お野菜揚げスティックも作っていただいた側からつまみ食いをねだるなど、バランスの取れたバリエーションあふれるメニューをありがとうございました。
ゆずも入れた漬け汁は、ブリのあと今タラを仕込んでいます!活用術も教えていただきまして、誠にありがとうございました。

2019年1月18日

★★★★★5.0

味付け★★★★★

品数や献立の組み合わせ★★★★★

コミュニケーション★★★★★

孝太郎さんに魚プランをお願いしました。
お恥ずかしながら、私は丸魚を触るのが苦手で、スーパーでも処理済みのものしか購入したことがありませんでした。
最近料理に興味が出てきた娘のためにも、丸魚を調理したいという気持ちはありましたが、私1人では怖くて絶対に挑戦出来ませんでした。
プロの方に教えて頂けるのが心強かったため、今回のお魚プランをお願いしました。

5歳の娘は丸魚を掴むのは生まれて初めてで、最初は怖くて固まっていました。
「気持ち悪いー!」と叫びながらも、優しい孝太郎さんと一緒に、鱗とりや、頭を引っ張ってハラワタを出すところ、3枚に下ろすところなども全てやり遂げることが出来ました。
娘は自信がついたようで、「私、お魚を3枚におろせたよ!」と喜んでおり、貴重な経験をさせてあげられたと、母としても嬉しく思いました。
娘だけが教わる予定でおりましたが、娘の様子を見て私もチャレンジさせて頂きました。
意外と簡単だったので、今度は私1人でも練習してみたいと思っています。

さばいたアジは幽庵漬けと骨煎餅、タラは当日のお鍋用に、下処理をして頂きました。
他にも、冷蔵庫にある具材を使って、お弁当用のおかずや、煮物などを作って頂き、全て美味しく大満足でした。