シェアダイン
はっし

4.5 (55)

東京都 足立区

お気に入りのシェフを定期で利用したい方

時間帯
7:00〜12:00
12:00〜17:00
17:00〜22:00

6,435円〜(交通費・税込み)

日時や内容に質問はありませんか?

シェフに相談する

はっしシェフが提供中のプラン


スポットシェフ企業様専用プラン

こちらはスポットシェフ利用の企業様専用プランです。 お急ぎの場合は「シェフに相談する」よりシェフに直接ご相談いただくか、公式LINE@コンシェルジュ(@ekt3283a)にご連絡ください。対応可能なシェフのご紹介や予約代行まで行います。

6,435 円(交通費・税込み)

はっし

4.5 (55)

専用プラン

専用プランになります。

12,100 円(交通費・税込み)

はっし

4.5 (55)

和洋作り置きプラン4時間

和洋作り置きメニューです。 全ての品をクオリティを落とさず作りたいと考えています。 通常は主菜多めで7〜8品の構成ですが、それぞれご家庭のライフスタイルに合わせていきますので、ぜひご相談ください。 また、下記メニュー以外にも柔軟に対応いたします。 ・買い物代行について。 最寄り駅から遠い場合はタクシー代など事前にご相談いただく場合があります。 ・ミニハンバーグおろし煮 ・ミニハンバーグ トマトソース煮 ・エビアボカド卵マヨレモン ・ひき肉マッシュポテト ・ささみブロッコリマヨレモン ・野菜ソースの洋風カレー ・ブロッコリのガーリックソテー ・サーモンのカレー風味フライ ・ボイルサーモンと野菜のマリネ ・鮮魚ソテー、ラヴィゴットソース ・ポン酢とにんにくできゅうりピクルス ・赤ワイン香る濃厚ミートソース ・ガーリックを効かせた濃厚トマトソース ・鶏肉きのこクリーム ・バーニャカウダソース ・根菜の中華風炒め ・ひき肉辛みそ ・野菜のラタトゥイユ ・ ローストビーフかローストポーク 赤ワインオニオンソース ・豚肉と豆のブラジル風、フェイジョアータ ・ベーコンソーセージと野菜のガーリック炒め 本わらび粉と黒糖のわらび餅 *材料費別になります。20g18個程度。

14,300 円(交通費・税込み)

はっし

4.5 (55)

特定のお客様専用プラン

特定のお客様の専用プランです。 一般のお客様の予約は受け付けておりません。 ご了承ください。

9,900 円(交通費・税込み)

はっし

4.5 (55)

はっしシェフの情報

人に料理を食べてもらって、笑顔や喜びを共有したいと思っています。 そのために、ジャンルに囚われず様々な技術や知識を取り入れて、安全でおいしい料理を作る研究をすることに興味を持っています。 それぞれご家庭ごとのライフスタイルに合わせた、一番良い提案をしていきたいと思っています。 よろしくお願いします。
性格は明るく前向きで、常に楽しく面白い事をしたいと思っています。 仕事には真摯に取り組み、様々な事を取り入れて研究するのが好きです。 インスタグラムはこちら https://www.instagram.com/osamuhashizume324/ 11月以降、業務多忙のため空きが少ないです。 予約の依頼などありましたら、チャットにて気軽にご相談ください。 【買い物代行について】 現在腕を少し痛めてまして、全品の買い物代行は基本お断りしてします。 (手に入りにくい材料のみでしたらご相談ください。) よろしくお願いします。
職歴1992年〜東京會舘 洋食調理部 2002年〜イタリアン、和食、パティスリーなど様々な職場で働く。 2012年〜小田原ヒルトン調理部 2016年〜都内ホテル、調理部勤務。
食に関する保有資格
メディア掲載出演実績
はっしシェフの得意料理
ビーフシチューなど煮込み料理 パスタ料理など
12件のコメント付きレビュー

味付け5.0

品数や献立の組合せ5.0

コミュニケーション5.0

5.0

主菜メインで作っていただきました。 一品一品がとても手がこんでいて、味も工夫があって美味しいです。 子供用にお願いしたカツレツやアジフライは直前までこちらの要望にこたえてくださいありがたかったです。 大人用メニューはおつまみにも合い、我が家好みでした。 ・豚ロースカツレツ ・カレー風味アジフライ ・野菜ソースのビーフカレー ・ミートソース ・ミートソースと野菜グラタン ・スペアリブと豆の軽い煮込み ・牛ステーキのマリナード トマトガーリック ・鶏肉きのこクリーム
2021年10月11日

味付け5.0

品数や献立の組合せ5.0

コミュニケーション5.0

5.0

毎日の食事のメインとなる料理をたくさん作ってもらいました。 とてもおいしく毎日いただいております。 料理内容としては、鶏肉、牛肉をメインに魚を加えて、作ってもらいました。 ハンバーグを鶏肉で巻いた料理はすごくおいしく、数日間連続で食べて、すぐになくなってしまいました。 また、ステーキソースやパスタに使用できるスープも自分ではなかなか作れないもので、毎日使えて重宝しております。 高タンパク料理は、サラダ等を自分で用意すれば毎日食べられて、とても健康的ですしおすすめです。
2021年10月01日

味付け4.0

品数や献立の組合せ5.0

コミュニケーション3.0

4.0

事前にメニューを提案してくださったり、やり取りをして買い物がしやすかったです。自分では作れない本格的なメニューをたくさん作っていただきました。 特に肉巻きがおいしかったです! 真鯛を夕飯にいただくのが楽しみです。 ・鶏肉なすほうれん草のきのこクリーム ・肉じゃが ・ボイル真鯛トマトマリネ ・アボカド卵小えびレモンマヨ ・かぼちゃにんじんポタージュ ・ひき肉マッシュポテト ・アスパラ豚巻きてりやき ・やわらかポークラタトゥイユ ・真空調理ローストビーフ
2021年07月06日

味付け5.0

品数や献立の組合せ5.0

コミュニケーション5.0

5.0

数日前の急な依頼でしたが引き受けてくださり大変助かりました。ありがとうございました。 私はまだ仕事中で食べていませんが、夫より感想メールがきたのでレビューします。 1歳半の娘も夫も全体的にとても美味しかったようです。ですが1点、ローストビーフのお肉が硬くて食べづらかったとのことでした。 お肉を準備したのは私なので...お買い物からお願いしたらよかったです。 とても明るい人柄で外国人の夫も楽しかったようです。どうもありがとうございました。
2021年07月03日
はっしシェフのレシピ
鶏肉きのこクリーム
鶏もも肉 2枚 500g たまねぎ 半個 マッシュルーム 2pc お好みきのこ 1pc にんにく2かけ 白ワイン 300c〜 生クリーム35% 250ml〜 小麦粉 バター オイル ①鶏肉に塩して小麦粉まぶします。 ②たまねぎとにんにくは軽めにみじん切り、マッシュルームは手で砕いて香り出しつつマシンで細かいみじん切りにしておきます。 ③鶏肉をオイルでフライパン中火で皮目こんがり、裏面あっさり焼きます。 ④みじん切りにしておいたたまねぎにんにく入れて炒めます。 ⑤マッシュルームとお好みきのこ入れて、白ワイン入れて煮ます。 ⑥鶏肉に火が入ったら取り出してカットします。 ⑦鍋に生クリーム入れて軽く煮詰め、味を整えておき、鶏肉を入れて固くならないように軽く煮ます。 仕上げにバターを加えて完成です。 ・マッシュルームみじん切りなしでもできますが、きのこの香りが少ない仕上がりになります。 ・たまねぎ、マッシュルーム包丁でスライスにすると簡単に作れます。
フランス風ビーフシチュー
牛バラとか牛すじとか赤身以外 2kg にんにく 5片 たまねぎ 2個 トマト缶 2缶 トマトペースト 80g 小麦粉 肉にまぶす 白ワインか赤ワイン 500くらい 塩、ローリエ、オイル ブールマニエ(室温バターに小麦粉同量まぜる) つくりかた シチュー鍋に少しのオイルで皮むいてつぶしたにんにく5かけくらい炒めてごろごろカットたまねぎ適入れて色づくまで炒める 肉を大きめカット、塩、小麦粉振ってフライパンで色づくまで焼いてシチュー鍋、赤ワインか白ワイン入れてかなり煮詰めてシチュー鍋へ入れる トマトペースト50gくらい、トマト缶、ローリエ、軽めに塩入れて具材が隠れる程度にお湯いれて沸かす 弱火でアクと余分な油をとりながらことこと、2時間くらい煮てるとトマトスープみたいだったのがビーフシチューみたいに変わってきます。 いい感じの味になったらブールマニエで濃度を決めます。 【ポイントとゆうか私の作り方】 一般的なやりかたは、肉と野菜を煮て、野菜をあみとかで濾して野菜捨てますが、面倒だし野菜がもったいないんでやりませーん。 肉の量の目安は多すぎず少な過ぎず。部位は赤身じゃなかったらたぶん大丈夫。牛バラと牛すじはいちばん入手しやすいので書きました。 トマトペーストは少なくていいので必ず入れる。 赤ワインか白ワインかは好みで。赤はこってり、白はさっぱりした感じになる。 作りたてより3日くらい冷蔵庫で寝かせるとよりおいしくなります。
ボイルサーモンと野菜のマリネ プロヴァンス風
〈材料〉 サーモン切り身 2枚 水400 白ワイン 300〜400 たまねぎ厚めスライス 半個 にんにくスライス 半個 ローリエやタイムなど香草 少量 トマト湯剥きしてひとくちカット 1個 その他 ナス、パプリカ、きのこ、人参などお好みの野菜 ひとくちサイズにカットしてソテー 〈作り方〉 サーモンは塩を振っておく。 白ワイン、水、たまねぎ、にんにく、香草を鍋にいれて沸かして弱火で軽く煮る。 サーモンを入れてふたをして超弱火で8分くらいか、ゆっくりと火を入れる。 器に入れて冷蔵庫で冷ます。 皮をむいたトマト、ソテーした野菜を器に入れてひたひたにしてしばらく漬けておく。 〈ポイント〉 白ワインと水は半々くらい。アルコールは飛ばす。 塩加減はお好みで。煮て漬けるのでなるべく薄めが良いかと。 野菜のアクは取り除きます。 サーモンの皮は取り外してカリカリに焼くとおいしいです。 煮すぎて水分が少なくなったら調節してください。 〈Chefからひと言〉 魚料理なんですが、皮をむいてひと晩漬け込んだトマトが抜群に美味しいです!是非お試しください!
白身魚ブールブランソース
・わりとあっさりめの白身魚 ・白ワイン ・バター ・エシャロットかたまねぎみじん切り ・お好み香味野菜 パセリ、トマト、ハーブ、きのこなど お魚は骨をなるべく外して、軽く塩振っておきます。 たまねぎかエシャロットをバターソテーして、白ワインをと水を半々で入れて、魚を入れて火を通します。 きのこなど火を通す野菜を使うならここで入れます。 魚がちょうどいい感じて煮えたら外して、皿に盛ります。 残った煮汁を8割くらい煮詰めます。ここが重要です。 バターを入れて分離しない程度まで水分を飛ばします。 固いままのバターを少しづつ弱火で混ぜて乳化させて、ソースにしていきます。 生クリームを少し入れておくと、分離しにくくなります。お好みでどうぞ〜 余談ですが、牛乳を使うとたぶん失敗します。高いですがここは生クリです。 残りの香味野菜も合わせて、皿に盛った魚の上にかけて完成でーす。