シェアダイン

尿路結石を気にする人が食べては行けない食品とは 気をつけるべき栄養素も合わせて解説

シェアダイン編集部
2021.10.21

中高年の男性は、尿路結石という病気について耳にしたことがある人も多いかもしれません。尿路結石は非常に強い痛みを感じる病気の1つとして知られています。

 

尿路結石は再発率の高い疾患ですが、食事で再発率を抑えることができる病気でもあります。正しい知識を身につけて、尿路結石のリスクを抑えていきましょう。

今回は、尿路結石とは何か、尿路結石を作りやすい栄養素について、尿路結石を作りにくくする栄養素とおすすめの食品について解説いたします。

尿路結石とは

尿路結石とは、尿路に結石が生じる病気です。

尿は腎臓の細尿管でこし出されて生成されます。その後生成された尿が尿管を通って膀胱まで達し、尿道を通って排出されます。この腎臓で生成されて尿道から排出されるまでの尿の通り道を尿路といいます。尿路の狭い部分に結石が引っかかることで症状が現れることが多いです。

尿路結石の症状は血尿や激しい疼痛が代表的なものです。結石ができた場所によってその痛みの場所は異なりますが、背中や脇腹、下腹部で、結石ができた左右のどちらか片方だけに痛みが生じます。結石により尿路感染症を引き起こすことや、最悪な場合は腎機能の低下につながる場合があるので注意が必要です。

尿路結石は女性よりも男性の方が罹患する確率が高いことで知られており、男性は約7人に1人は尿路結石があると言われています。

結石は尿中のシュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムなどにより生成される「カルシウム結石」や、尿中の尿酸により生成される「尿酸結石」などの種類があります。

検査を受けて結石の種類や原因、結石がある場所などを特定し、適切な治療を行いましょう。

さらに尿路結石は再発率がとても高く、再発防止に努めなければ80%~90%が再発するといわれています。食事面で再発率を下げることができますので、尿路結石になりやすい栄養素や尿路結石の防止に良い食品について学んでおきましょう。

 

参考:

名古屋大学大学院医学系研究科 泌尿器科学教室「尿管結石」

 

尿路結石を作りやすい栄養素 プリン体

尿路結石を作りやすい栄養素としてよく知られているのが、プリン体ではないでしょうか。プリン体は体内で代謝されて尿酸となり、尿酸値を上昇させることで尿酸結石のリスクを高めます。

食事由来のプリン体量を抑えることによって、尿酸値の低下がみられることも知られています。食事の栄養バランスを考えながら、プリン体摂取量は1日400mgを超えないように注意しましょう。

 

尿路結石を気にする人が食べてはいけないプリン体を多く含む食品

尿路結石を気にする人は、プリン体を多く含む食品を摂りすぎないように注意が必要です。

食品100g中でプリン体が200mg以上含まれている食品を高プリン体食品と呼びます。この高プリン体食品には肉類の内臓(レバーなど)や魚介類、干物が該当します。

しかし、これらの食品はタンパク質を多く含む食品で、総合的な栄養価を考えると全く食べないというわけにはいきません。

反対にプリン体が少ないからと言って過剰量を摂ってしまうと、1日摂取量を超えてしまう場合があります。

そのため、1日のプリン体目安量を超えないように、高プリン体食品は少量に留める、それ以外の食品に関してもプリン体量を考慮しながら摂取するように注意しましょう。

 

参考:

Mindsガイドラインライブラリ「再発予防CQ30プリン体の多く含まれる食物は尿路結石の再発を促進するか?」

<h3>尿路結石を作りやすい栄養素 シュウ酸</h3>

尿路結石を作りやすい栄養素としてシュウ酸が挙げられます。シュウ酸は尿路でカルシウムと結合して、尿路結石の原因成分であるシュウ酸カルシウムとなります。

シュウ酸は7割が食事由来と言われているため、シュウ酸カルシウムが原因の尿路結石を患った経験がある方は、再発防止のために食事内容を見直すようにしましょう。

 

尿路結石を気にする人が食べてはいけないシュウ酸を多く含む食品

シュウ酸を多く含む食品としては、葉菜類、たけのこ、バナナ、チョコレートなどがあります。葉菜類はほうれん草やキャベツ、ブロッコリーなどがありますが、その中で最も多くシュウ酸が含まれており、注意が必要なのがほうれん草です。

シュウ酸の量を減らすために、ほうれん草やたけのこは下ごしらえで湯がいてから調理するようにしましょう。シュウ酸は水溶性なので、湯がくことでシュウ酸の量を大幅に減らすことができるのです。

例えば、ほうれん草は3分湯がくことでシュウ酸の量を3割~5割程除去することができるというデータがあります。必ずたっぷりのお湯を使って湯がいてから食べるように心がけましょう。

たけのこにはえぐみを除くためにも、かぶる位の水で1時間程しっかりと湯がくことが必要です。

折角の栄養価の高い美味しい食材ですから、安心して食べられるように適切に処理して、量を摂りすぎないように気を付けながら食べるようにしましょう。

 

参考:

Mindsガイドラインライブラリ「再発予防CQ29 シュウ酸はどのような食物に多く含まれるか?また、シュウ酸の摂取について工夫すべきことはあるか?」

尿路結石を作りにくくする栄養素とおすすめの食品

尿路結石を作りにくくする栄養素はカルシウムとクエン酸です。

シュウ酸は腸管でカルシウムと結合するとシュウ酸カルシウムになり、腸から便として排出されます。腸でカルシウムと結合できないと、吸収されて腎臓までたどり着き、尿管でカルシウムと結合することでカルシウム結石の原因となってしまいます。

そのため尿中に移行するシュウ酸の量を減らすために、シュウ酸を多く含む食品を摂取するときは、カルシウムを含む食品を一緒に食べるように心がけましょう。

カルシウムを多く含む食品としては、ヨーグルトやチーズなどの乳製品、魚介類、大豆製品などがあります。これらの食品を食事に組み合わせて、カルシウムを上手く摂取していきましょう。

例えば、ほうれん草のおひたしにはちりめんじゃこをかける、バナナはヨーグルトと一緒に食べる、チョコレートを食べるときは牛乳を飲む、などの工夫ができます。

ただし、カルシウムを過剰量取りすぎると尿中に放出されるカルシウムの濃度が上昇するため、カルシウム結石の原因になりかねません。カルシウム摂取量は1日あたり600~800mgにしましょう。

さらに、もう1つ尿路結石を作りにくくする栄養素として知られているのがクエン酸です。クエン酸は尿をアルカリ化することができ、尿中でシュウ酸とカルシウムが結合を抑制する効果があります。よって、シュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムが原因のカルシウム結石の形成が抑えられるのです。

クエン酸を多く含む食品としてはミカンやレモンなどの柑橘類があります。ただし、果物は糖を多く含むので、1日200g程度に抑えるようにしてください。

また、尿路結石の再発予防として大事になるのが水分の摂取です。尿量が少なくなると尿の成分が濃縮されて結石ができやすくなるので、食事以外で1日2000mlの水分を摂取するようにしましょう。

その際重要なのがアルコールやカフェイン、糖分を含まない飲料を選ぶことです。さらに玉露や抹茶などはシュウ酸を多く含む飲料なので、過剰に摂取しないように気を付けてください。

 

尿老結石で食べてはいけないもののまとめ

尿路結石は、尿が生成される腎臓から、尿が排出される尿道までの過程で、結石が生じる疾患です。

結石は尿中の尿酸が原因の尿酸結石や、シュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムが原因のカルシウム結石がほとんどです。尿路結石は再発率が高いため、食生活を改善して少しでも再発のリスクを抑えるように心がけましょう。

尿酸結石の原因となるプリン体を多く含む食品は1日の目安量を超えないように量を制限しながら摂取する必要があります。

カルシウム結石の原因となるシュウ酸を多く含む食品は、湯がくことでシュウ酸の量を減らす、カルシウムやクエン酸を含む食品を同時に摂るなどの工夫をしながら食べるようにしましょう。

尿路結石は激しい痛みが突然襲ってくる疾患であり、可能な限り再発のリスクを抑えていきたいものです。普段から水分を十分に取るようにし、食事内容にも注意してバランスのとれた食生活を心がけていきましょう。

この記事をシェアする

この記事を書いたライター

シェアダイン編集部

栄養士・レストランシェフが登録する出張シェフサービス 「シェアダイン」編集部です

予約の多い人気プラン


ご近所歓迎!千葉駅から30分以内

JR千葉駅より30分以内の方向けプランです。 全プランの中で最もお手頃ですので、 ご近所さんでしたら是非ご活用くださいませ! (8時~15時開始の受付可。  ご希望の方はお問い合わせくださいませ。) 【お知らせ】 こちらのプランは、あらかじめ献立を決めております。 旬の食材達と相談しながら、多少の変更はございますが、 アレルギーの方以外は、献立の変更をいたしかねます。 苦手食材は2種類まででしたら、代替可能です。 同月内に再度お申込みの方へは献立を変更しております。 事前にお客様へ献立をお知らせし、内容をご確認いただき、 お買い物をお願いしております。 (特別なご事情でお買い物が難しい方はご相談くださいませ) また、命を繋ぐひと品を大切にお作りしております。 多数作りではございませんので、ご了承くださいませ。 献立例:20種類以上の野菜たっぷり! プランと同内容です。 ・料亭風肉じゃが ・鶏のくわ焼き ・白身魚のあっさり煮 ・ズッキーニ、トマト、厚揚げの味噌炒め ・焼き野菜 バルサミコとすりごま ・ピーマンのナムル ・小松菜とじゃこの炒め物 ・煮豚 ・かぼちゃと薩摩芋の南蛮煮 ・アボカドとビーンズの和え物

8,580 円(交通費・税込み)

3時間

まり

千葉県 千葉市

5.0 (17)

今週末に予約できるプラン


(早割)京阪沿線、高槻市限定 おばあちゃんの真心手作りごはん

2週間以上前にご予約いただくと、通常から10%オフのサブスク価格でご利用いただけます。 ご利用のお客様から「田舎の祖母の手料理を食べているみたい」、「実家の母の味を思い出しました」等のお声を良く伺う、好評の家庭料理作り置きプランです。 大阪市内でエステサロン経営を経験した私の「まごころ作り置きごはん」をご提供いたします。 基礎的な栄養学を熟知して化学調味料、食品添加物、白砂糖、電子レンジを使わずに皆様のお身体が喜ぶ品々をご提案いたします。 一見、定番の家庭料理ですが細かい下処理を重ねて、出汁やドレッシングも全てその場でお作りしております。 外食、レストランでは中々味わう事の出来ない素朴で温かい癒しの品々をご堪能くださいませ。 副菜、主菜系のメニューをお好みに合わせて10品程度お作りします。 普段、育児やお仕事でお料理に時間が取りにくい、肥満や生活習慣病の予防など健康面を食事でサポートしたい方におすすめです。 定期利用で食べ続けることで、実際に体型や体調に良い影響があったとお声もいただいています。 小さいお子様の味覚を養う食育にも最適です。 京阪本線枚方市駅から往復交通費700円以内の地域にお住まいの方が対象です。 最寄り駅から徒歩15分以上の方は別途交通費をいただく場合がございます。 ご予約時にチャットにてご相談ください。

8,800 円(交通費・税込み)

3時間

岩崎 りょう

大阪府 枚方市

4.9 (50)