シェアダイン

離乳食で果物は大丈夫?果物を赤ちゃんに食べさせる際の注意点とは

シェアダイン編集部
2023.01.23

お子さまの食生活に不安を感じていませんか?
出張シェフでお子さまの成長にあった離乳食を利用しよう!詳しくはこちら

 

生後5~6か月になったら、離乳食をスタートする時期です。いろいろな食べ物を経験させたいけれど、どんなものをいつから食べさせて良いのかと迷うお母さんも多いでしょう。特に果物は種類も豊富で、何からはじめたら良いか悩んでしまうのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、果物を食べさせはじめる時期や食べさせる際に注意したいことを解説します。また、離乳食初期~完了期まで、それぞれの時期にあわせたおすすめの果物と調理法も紹介していきます。

果物を離乳食にとり入れようと考えているお母さんは、ご参考ください。

 

果物は何歳から食べさせて良い?

赤ちゃんに果物を与えようと思ったときに、まず気になるのがどれくらいの時期から食べさせて良いのかということでしょう。

果物は、離乳食をはじめる生後5~6か月の時期から食べさせることができます。ただ、いきなりたくさんの量を与えたり固形の果物を食べさせるのではなく、ほかの離乳食と同じように成長に合わせて調理方法や果物の種類、食べる量を変えていく工夫が必要です。

 

果物を食べさせる際の注意点(調理法やすりつぶす必要性など)

果物はビタミンやミネラル、食物繊維がとれて甘い味が楽しめるので、好んで食べる赤ちゃんも多い食品です。ただ、離乳食時期に食べさせる場合には、注意しなければならないことがあるので確認しておきましょう。

 

まず、果物はアレルギー反応を起こす場合があることを頭に入れておきましょう。特に「オレンジ・キウイフルーツ・バナナ・桃・りんご」は、アレルギー物質を含む特定原材料等の28品目の中に指定されている食品ですので、注意が必要です。

(参考:消費者庁「アレルギー表示について」https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/food_sanitation/allergy/pdf/food_labeling_cms101_200401_02.pdf)

 

果物をはじめて食べさせるときは、万一アレルギー反応が出たときのことを考えて、1日に食べさせる果物の種類は1種類にし、スプーン杯程度のごく少量からはじめるようにしましょう。また、もしものときのことを考えると、病院の開いている時間帯を選ぶのがベストです。

 

果物は加熱してから食べさせるのもポイントのひとつです。果物は生のまま食べるイメージが強いですが、離乳食中期までは加熱してから与えるようにしましょう。加熱することで酵素の働きが抑えられ、アレルギー発生のリスクを低減することができます。加熱して冷ましてから食べさせるのは少し手間がかかりますが、このひと手間が安心につながりますので、必ず実践しましょう。

 

果物というと、缶詰でもたくさんの種類が出回っています。長期保存もできる缶詰が離乳食に使えたら便利だなと思うお母さんも多いでしょう。しかし、缶詰の果物を食べさせるのは離乳食時期が終わってからが理想です。

缶詰の果物のほとんどはシロップ漬けになっていて、大量の砂糖が使われています。大人にはちょうどよくても、離乳食時期の赤ちゃんには甘すぎますし、砂糖の過剰摂取につながってしまいます。さらに、赤ちゃんが濃い味に慣れてしまうと薄味の離乳食を食べなくなってしまうことにもなりかねませんので、離乳食にはできるだけ缶詰ではなく生の果物を使うようにしましょう。どうしても缶詰を使う場合には、シロップを洗い落としてからにすると良いでしょう。

 

同じように、ドライフルーツも砂糖や塩分が加えられているものがあります。また、赤ちゃんに与えるにはいったんお湯で戻す必要がありますから、離乳食にはあまり向いていないかもしれません。

食のプロによる離乳食プランも多数ご用意!
出張シェフでお子さまの成長にあった離乳食を利用しよう!詳しくはこちら

離乳食初期のおすすめの果物と調理法

ここからは、離乳食初期(生後5~6か月)、離乳食後期(生後9~11か月)、離乳食後期(生後9~11か月)、離乳食完了期(1才~1才6か月)、それぞれの時期にあった果物と調理法について説明していきます。

 

離乳食のスタートはお米の10倍粥からが基本です。10倍粥に慣れたら徐々に品目を増やしていきますが、果物を与え始めるのもその段階からです。

離乳食初期には、刺激の少ないまろやかな味で、すりつぶしたりしやすいものを選ぶと良いでしょう。りんご、バナナ、すいか、いちご、みかん、もも、メロン、なし、スイカなどは、離乳食初期から食べさせて良い果物です。

 

離乳食初期はごっくん期。飲み込むことを覚える時期ですから、果物も飲み込みやすい形状にして与えます。はじめは果汁だけを与えたり、すりつぶして裏ごししなめらかな状態になったものを与えると良いでしょう。

果物はアレルギー反応を起こす可能性がある食品なので、はじめて食べさせるものはごく少量からはじめてください。また、加熱をしてから与えるようにしましょう。

果物を加熱するのはなんとなく不自然な気がする人もいるかもしれませんが、アレルギーのリスクを少なくするためには大事なことです。加熱することで甘みも増しますので、ひと手間を惜しまないようにしましょう。

 

加熱の仕方はどんな方法でも大丈夫です。最も手軽なのは電子レンジを使う方法ですが、湯がいたり蒸したりしても良いですし、オーブンで焼く方法もあります。ほかの食品を調理するついでにできる方法でやってみてはどうでしょうか。

離乳食中期のおすすめの果物と調理法

離乳食中期はもぐもぐ期。上あごや舌を使ってもぐもぐすることを覚える時期です。少し食感を感じられるくらいに加工したのも食べさせてあげましょう。舌と上あごで簡単にすりつぶすことができる硬さが目安です。

 

この時期からは、ぶどうやキウイも食べられるようになります。味覚が発達してくるので、いろいろな味にチャレンジしてみても良いですが、酸味が強く出ないように工夫をしてあげましょう。

ぶどうを食べさせるときは、必ず皮をむいて細かくカットするかつぶしてからにしましょう。そのまま食べさせると喉に詰まらせてしまう危険性があるので注意が必要です。

離乳食後期のおすすめの果物と調理法

離乳食後期はかみかみ期。手づかみ食べをはじめるのもこのころです。果物は柿をはじめてみてはどうでしょうか。硬い柿は完全にかみ砕くのが難しいので、熟して柔らかくなったものをあげましょう。

赤ちゃんの食べる量も増えてきますが、はじめての果物はアレルギーの心配があるので少量からはじめてください。

離乳食初期や中期から食べている果物も、食感を多めに残すようにしたり、ヨーグルトと合わせて味に変化をつけたりしてみましょう。

離乳食完了期のおすすめの果物と調理法

離乳食完了期はぱくぱく期。だんだんと大人と同じようにものが食べられるようになってきます。刺激が強めのグレープフルーツやパイナップルにチャレンジしてみても良いでしょう。

食べ方のバリエーションもつけやすくなります。ヨーグルトと一緒に食パンにはさんでフルーツサンドにしたり、蒸しパンの材料に使うなど、食事を楽しむ工夫とともに食べさせてあげると良いでしょう。

 

果物を使った離乳食の保存について

すりつぶしたり裏ごしした果物が残ってしまったら、冷凍保存をしておくと便利です。使うときには電子レンジで加熱しましょう。製氷皿を使って小分けにして冷凍しておけば、使う分だけ手軽に解凍できます。

適当な大きさにカットした果物をフリーザーバッグに入れて冷凍しておいても良いでしょう。この場合も使うときには電子レンジなどで加熱をします。

 

離乳食の果物 まとめ

果物は離乳食初期から与えて大丈夫な食品です。赤ちゃんの成長に合わせて、種類や調理方法を変えていきましょう。

果物はアレルギーを起こす可能性があるので、離乳食中期ころまでは加熱をしてからにし、はじめて与えるときはごく少量からにするのもポイントです。

つぶしたりペースト状にした果物が残ったら、製氷皿で小分けにするなどして冷凍しておくと便利です。使うときは再加熱をしてからにしましょう。

成長期別の離乳食プランも多数ご用意!
シェアダインの出張シェフについて詳しくみてみる

シェアダインの出張シェフはこのように利用されています!

この記事をシェアする

この記事を書いたライター

シェアダイン編集部

栄養士・レストランシェフが登録する出張シェフサービス 「シェアダイン」編集部です

予約の多い人気プラン


離乳食プラン

離乳食/完了食/乳幼児食のお子さまの食事形態を丁寧にヒアリングし、それぞれのお子さまに合ったものをお作りいたします。 基本的な流れとしては、 1.ヒアリング 2. メニュー提案→承認 3.必要食材リストの提示 4.当日まで食材を揃えて頂く という流れです。 買物代行有の場合、上記メニューから数品減った品数になります(スーパーがご自宅や最寄駅からあまりにも離れている場合や、2箇所以上のスーパー利用をご希望される場合は買物代行をお断りさせて頂く可能性がございます) 3回食/完了食/乳幼児食だと10品前後 1回食や2回食だと8品前後のお作りになります。 《完了食メニューの一例》 ・きのこと鮭のクリーム煮 ・鶏ささ身とブロッコリーの炒め物 ・大根そぼろみそ ・五目ごはんのもと ・鶏だんごの照り焼き ・豆腐とかぼちゃのニョッキ ・タラのトマト煮 ・ポテトサラダ ・さつまいもとりんごのスイートポテト 等御提案させて頂きます。 【ご確認事項】 ・コンロ回り、使用したお鍋、お皿、調理器具も全て洗わせて頂きます。 お皿や調理器具の完全拭き上げをご希望の方は予めお知らせ下さい(お作りできる品数が1-2品程度少なくなります) ・買物代行無の場合、食材リストは3〜4日前に提示を致しますがそれよりも早めの提示希望でしたら事前にお知らせ下さい。

7,480 円(交通費・税込み)

3時間

あい

兵庫県 西宮市

0.0 (0)

東欧を旅するプラン(4時間)都内、横浜方面の方用

チェコ料理を中心にヨーロッパ地域のお料理を含めたプランです。 日本でチェコ料理をシェフは数人しかおらず、あまり口にする機会はないと思いますが、 煮込み料理など日本人の口に合うものも数多くあります。 なかなか海外旅行に行けない今、お食事で楽しんでいただけたらという思いで心を込めてお作りします。 メニュー例 ・セギディングラーシュ(豚肉とザワークラウトのパプリカ煮込み) ・ブランボラーク ・ソーセージとザワークラウトの煮込み ・カマンベールチーズのマリネ *セギディングラーシュご希望の場合はザワークラウトやパプリカパウダーやチリパウダーなどをご用意ください。 本格的なものをご希望でしたらマジョラムやキャラウェイシードなどもご用意いただけるとさまざまなお料理がお作りできます。 こんなものが食べたい、などがあれば是非お気軽にお声がけください *3時間への変更や買い物込み4時間への変更もお気軽にご相談ください。 パーティ料理、作り置きどちらとも対応しております。 駅からバスなどでしかお伺いできない場合は交通費をご相談ください。

16,500 円(交通費・税込み)

4時間

shioi

神奈川県 茅ヶ崎市

5.0 (118)

今週末に予約できるプラン


離乳食プラン

離乳食/完了食/乳幼児食のお子さまの食事形態を丁寧にヒアリングし、それぞれのお子さまに合ったものをお作りいたします。 基本的な流れとしては、 1.ヒアリング 2. メニュー提案→承認 3.必要食材リストの提示 4.当日まで食材を揃えて頂く という流れです。 買物代行有の場合、上記メニューから数品減った品数になります(スーパーがご自宅や最寄駅からあまりにも離れている場合や、2箇所以上のスーパー利用をご希望される場合は買物代行をお断りさせて頂く可能性がございます) 3回食/完了食/乳幼児食だと10品前後 1回食や2回食だと8品前後のお作りになります。 《完了食メニューの一例》 ・きのこと鮭のクリーム煮 ・鶏ささ身とブロッコリーの炒め物 ・大根そぼろみそ ・五目ごはんのもと ・鶏だんごの照り焼き ・豆腐とかぼちゃのニョッキ ・タラのトマト煮 ・ポテトサラダ ・さつまいもとりんごのスイートポテト 等御提案させて頂きます。 【ご確認事項】 ・コンロ回り、使用したお鍋、お皿、調理器具も全て洗わせて頂きます。 お皿や調理器具の完全拭き上げをご希望の方は予めお知らせ下さい(お作りできる品数が1-2品程度少なくなります) ・買物代行無の場合、食材リストは3〜4日前に提示を致しますがそれよりも早めの提示希望でしたら事前にお知らせ下さい。

7,480 円(交通費・税込み)

3時間

あい

兵庫県 西宮市

0.0 (0)