シェアダイン

赤ちゃんとの外食で気をつけるべきことの解説

シェアダイン編集部
2021.10.28

赤ちゃんが産まれてから、赤ちゃんと一緒の生活にだんだんと慣れてくると、外食に行きたくなる欲求が出てくるかと思います。赤ちゃんと一緒の外食は、今までのようにはいきません。以下のような悩みで、一歩踏み出せない方もいるではないでしょうか。
・赤ちゃんはいつから外食ができるのか
・外食の時に気をつけることは何なのか
・どのような店を選ぶとよいのか
この記事では、赤ちゃんと一緒の外食について、始める時期、気を付けるべきこと、外食先のお店を選ぶポイントを解説いたします。知識を手に入れ、子育ての気分転換にもなる外食を楽しみましょう。

赤ちゃんの外食はいつからがよい?

首がすわり始める生後3~4か月が、外食デビューには適した時期です。医学的には、生後28日未満の新生児の時期を過ぎたら、赤ちゃんは外出ができるようになります。外出できるということは、外食も可能になりますが、まだ外の刺激は強すぎます。生後2か月くらいまでの外出は、短時間で済ませることがおすすめです。
生後3~4か月は、首がすわって安定感も出てきており、外出しやすくなります。長めの時間の外出も可能になり、外食に連れていくことができます。離乳食も始まっていないため、外食での食べ物に気を使わなくてよいということも利点です。外食することで、赤ちゃんが新しい人や物に触れることもよい刺激になります。
生後半年になると、離乳食が始まります。まだ1日1回の離乳食であるため、両親にとって余裕のある外食ができるでしょう。赤ちゃんもいろいろなことを認識し始める時期なので、この頃までは一度外食デビューを考えてみることをおすすめします。赤ちゃんにとっても、いつもと違う世界は新鮮です。また腰がすわり始めると、子供用いすに座らせることができるため、赤ちゃんから手を放して外食を楽しめるようになります。

赤ちゃんとの外食で気をつけなければならないこと

赤ちゃんは自分でコントールできないことが多いため、赤ちゃんとの外食では以下のことに気をつける必要があります。

授乳は食事前に済ませる

食事前に授乳を済ませるようにしましょう。赤ちゃんはお腹が空くと、すぐに泣いてしまいます。外食先のお店で泣いてしまうと、他のお客様の迷惑になる場合があるからです。また食事中に泣き出してしまうと、満足に食事がとれません。赤ちゃんはお腹いっぱいになると、ごきげんになります。ごきげんの状態にしておくことで、ゆっくりと食事をとることができます。家の近所への外食の場合は、家を出る前に授乳を済ませておく方がよいです。

ぐずっても大丈夫なようにおもちゃなどを用意する

赤ちゃんがぐずってしまっても、すぐに機嫌を直してくれるように、おもちゃなどを用意しておきます。食事中に赤ちゃんが泣きだしてしまうと大変です。赤ちゃんはちょっとした気持ちの変化で、ぐずってしまうことがあります。ぐずってしまうと赤ちゃんをあやすのに時間をとられてしまい、ゆっくり食事をすることができません。赤ちゃんのお気に入りのおもちゃなどを用意しておくと、ぐずってしまってもすぐに機嫌がよくなることが多いです。他のお客様がいる空間ですので、用意するおもちゃは、音が出ないものがおすすめです。興味をしめしている本なども良いでしょう。どうしても泣き止まない場合は、外に出てあやすようにしましょう。

万一こぼしたりした場合に備えて着替えを用意する

赤ちゃんは食べ物をひっくり返したり、吐き戻しをしたり、思ってもみないことが起こることがあります。外食の際は、万が一に備えて着替えを用意するようにしましょう。
赤ちゃんのための食事用エプロンや、使い捨ての紙エプロンを用意することもおすすめします。ちょっとしたこぼしであれば、エプロンで対応可能です。しかし、たくさんこぼしてしまったり、水分が洋服に染みてしまったり、想定外のことに対応できるように、着替えも持参しましょう。赤ちゃんの肌や机などの汚れをふき取るために、着替えと一緒にウェットティッシュを入れておくと便利です。

赤ちゃんとの外食先を選ぶ上でのポイント

赤ちゃんとの外食では、お店選びも重要になります。外食先を選ぶ時には、以下のポイントが大切です。

赤ちゃんをつれて入店可能か

一番重要になるポイントは、赤ちゃんをつれての入店が可能であるかどうです。お店まで行ったのに、赤ちゃんがいることで入店を断られてしまっては、気持ちも沈んでしまいます。
料亭や高級レストランなどの格式の高い店では、断られることが多いです。カジュアルな店でも、その日の予約状態や客層などによっては、断られることがあります。事前にお店に確認することで防げることですので、お店に問合せをするようにしましょう。

離乳食の持ち込みができるか

離乳食の持ち込みの確認も忘れてはいけません。生後6か月くらいから離乳食が始まります。お店によっては子供メニューをおいてある場合もありますが、離乳食はない可能性が高いです。またお店が用意する離乳食を、食べてくれない場合もあります。自分で離乳食を用意した方が安心です。手作りの離乳食にこだわりがなければ、レトルトの離乳食を活用することもおすすめします。用意も楽で、持ち運び中にこぼれてしまったりする心配もありません。
離乳食が始まっている赤ちゃんと外食する時には、離乳食の持ち込みができるかを確認しておきましょう。

授乳スペースがあるか

お店の中に授乳スペースがあるかどうかも確認しておきましょう。赤ちゃんは、いつぐずってしまうかわかりません。お店の中に授乳スペースがない場合は、トイレでの授乳や外で授乳場所を探す必要がでてきます。ママの負担を減らし、安心して授乳できるように、授乳スペースがある店を選ぶようにしましょう。

上記ポイント以外にも、心配なことは事前にお店に確認することをおすすめします。例えば、ベビーカーを活用している時などは、ベビーカーのまま入店できるかも確認するとよいでしょう。赤ちゃんが寝てしまっていても、そのまま起こさずに入店することができます。お店選びのポイントを確認しておくことで、赤ちゃんとの外食を楽しむことができます。

まとめ

赤ちゃんとの外食は、首がすわり始める生後3~4か月くらいからがおすすめです。
生後1か月から外出は可能ですが、赤ちゃんの負担も大きいので、首がすわってからの方が安心して外食を楽しめます。生後半年の離乳食が始まる時期も、まだ離乳食の回数が少ないため、外食デビューにおすすめです。赤ちゃんにとっても、新しい外の世界は刺激になります。
赤ちゃんとの外食は、大人だけの外食と違って、気をつけなければならないことがあります。以下のことに気をつけましょう。

  • お腹が空いて泣きださないように、授乳は食事前に済ませる
  • ぐずっても大丈夫なようにおもちゃなどを用意する
  • 万一こぼしたりした場合に備えて着替えを用意する

また、お店選びも重要になります。以下のポイントを確認するようにしましょう。

  • 赤ちゃんをつれて入店可能か
  • 離乳食の持ち込みができるか
  • 授乳スペースがあるか

気をつけなくてはいけないことをふまえた事前準備や、ポイントをおさえたお店選びをすることで、赤ちゃんと一緒の外食を楽しめるようになります。いつも子育てを頑張っている自分へのご褒美もかねて、赤ちゃんと一緒の外食に出かけてみましょう。

この記事をシェアする

この記事を書いたライター

シェアダイン編集部

栄養士・レストランシェフが登録する出張シェフサービス 「シェアダイン」編集部です

予約の多い人気プラン


【料理+α】こどもの「食べる力」を育てるサポートつきプラン♪

こちらはお母さんが疑問に感じるあかちゃんの食やからだを生後3か月からあんよができるまでを食とカラダ作りの両面からサポートするプランです! 作り置きごはんだけでなく、お母さんも一緒にできる遊びを通したリズム体操で離乳食から幼児食に向けての食の土台作りをします。 子どもの好き嫌いが多くて好みのものしか食べない、かたいものは食べてくれなくて困っていることありませんか!? はじめは工夫して作りながら頑張っていたけど、だんだん自分で作るのにも負担に感じてくることありませんか?大変な子育て中に、お母さんがひとりで悩んでいるとしたらお話を聞かせてください。 思うように食べてくれないの理由には食事以外にヒントがあることも多いです。 お母さんのペースを大切にこどもの成長を楽しめる糸口を一緒に見つけていきましょう! また年齢(月齢)が低いほど、食を楽しみ丈夫なからだの土台つくりに適しています。 今食べられるものをまず褒め、食べる楽しみや喜びを育みながら少しずつ食べられるものを広げていきましょう。 それが将来ひとり立ちして家族を持つときにも、健康で楽しい未来につながるように「生きる土台となる食」をいまから育てていくプランです♪ 定期利用ではステップをふみ、アップダウンもありきで様子をみながら進めていくゆったり4時間プランとなります(^-^*) お子さまの様子をみて、おむつ替えや授乳タイムも安心してできるように進めて行きます。 食事を作って終わりでなく、これから先の豊かな毎日を送れるように将来に繋がるものを目指しています♪ チェットでの相談からでも、お気軽にお問合せください! ※こちらは海老名駅からお客さま宅まで「1時間以内」のお住いの方向けプランとなっておます。 1時間以上の場合は別途料金変わります。

18,100 円(交通費・税込み)

3時間

おうちごはんシェフaki

神奈川県 海老名市

5.0 (130)

今週末に予約できるプラン